MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【おすすめ記事】マイクラサーバーを立てるならConoHa VPS!【MOD/プラグイン対応】

Xserver VPSでMODやプラグインサーバーの立て方を紹介!

当記事はJava Edition(Java版)向けです。

揚げたてのポテト

先日、「Xserver VPS」のテンプレート機能を使ったマイクラサーバーの立て方を紹介しました。

揚げたてのポテト

実は、Xserver VPSで提供しているテンプレート機能は「バニラサーバーを立てる目的」であって、MODサーバーやプラグインサーバーを立てることはできません。

ポテコちゃん

うんうん。前回の記事でも言ってたね。

揚げたてのポテト

今回は、テンプレート機能を使わずに「Xserver VPS」でMODサーバーとプラグインサーバーの立て方を分かりやすく紹介したいと思います!

当記事では、「Xserver VPS」でマインクラフトのMODサーバー(Forge/Fabric対応)とプラグインサーバー(SpigotMC/PaperMC対応)の立て方を解説していきます。

通常、テンプレート機能を使わないと初心者の方には分かりづらいですが、なるべく理解できるように画像付きで解説していくので、記事を見ながら安心して立てられます。

目次

MODサーバーとプラグインサーバーの違い

まず最初に、MODサーバーとプラグインサーバーの違いについて簡単に説明しようと思います。

MODサーバーについて

MOD(モッド)とは、通常存在しないモブやモンスター、アイテム等を追加することができたり、RPGゲームのような大幅なゲームシステム変更ができるようになります。

MODで遊ぶときは、主にシングルプレイで遊ぶことが多いと思いますが、複数のプレイヤーと一緒に遊べるマルチプレイもできます。

MODサーバーという家に、参加者も同じMODを用意して家に入ると、MOD要素を遊ぶことができます。

プラグインサーバーについて

プラグイン(Plugin)とは、簡単に説明するとマイクラサーバーに様々な要素を追加できる拡張機能のようなモノです。

様々な要素を追加できるといっても、MODのように新しいブロックやアイテム、モブなどの追加はできず既存の要素を変更する形になります。

例えば、サーバーに参加すると「○○さん、こんにちわ!」と自動で挨拶されたり、階段ブロックに椅子のように座るアクションができるといったことです。

プラグインは、コマンドで不便な所を自動化させて補ったり、コマンドで不可能なことをプラグインで可能にすることができます。

そのため、プラグインとMODは異なる存在と思ってもらった方が良いです。

プラグインはどちらかというとコマンドやデータパックに近いです。

プラグインでできること
プラグインでできないこと
  • 既存ブロックやアイテム、モブ等の操作やアクションを変更する
  • インベントリのアクションの変更
  • 新しいコマンドの追加
  • 地形や建築物の生成
  • ワールドの管理、保護
  • 新しいブロックやアイテム、モブの追加
  • インベントリのGUIの変更
揚げたてのポテト

上記のプラグインでできないことはMODであれば全てできます。

MODサーバーは家と参加者の両方にMODを持っている必要がありますが、

プラグインサーバーは、参加者がそのまま家に入ると、プラグイン要素を遊べるという特徴があります。

ポテコちゃん

あれ?プラグインは参加者に入れなくてもいいんだね?

揚げたてのポテト

そうですね。MODとプラグインの大きな違いは、MODはサーバーとクライアント(参加者)に導入しないと適用されませんが、プラグインはサーバーのみで要素を適用できます。

MODサーバーとプラグインサーバーの種類

MODサーバーやプラグインサーバーと言っても、1種類だけではなく、いくつかの種類が存在しています。

サーバー名種類説明
ForgeMOD一般的なMODサーバーで多くのMODに対応している
FabricMOD一部のMODに対応している
SpigotMCプラグイン大人数で遊ぶ目的でCraftBukkitを改良したサーバー
PaperMCプラグインSpigotMCを改良して更に軽量化したサーバー
MohistMCMOD+プラグインMODとプラグインの両方を導入できるサーバー

他にも様々な種類はありますが、今回は有名なサーバー種類を挙げました。

当記事では、MODサーバーの「Forge/Fabric」とプラグインサーバーの「SpigotMC/PaperMC」の立て方についてご紹介していきます。

MohistMCや他のBungeeCord等もプラグインサーバーの立て方と同じ手順で立てられますよ

Xserver VPSとは?

Xserver(エックスサーバー)は、WEBサーバーを提供するレンタルサーバー企業の中で国内シェア率No.1を獲得し続けているレンタルサーバー企業です。

国内シェア率No.1を獲得し続けている理由に、Xserverは19年以上の積み重ねた豊富な運用実績と安定したサーバー環境を提供することにこだわりがあります。

そして長い期間を得て、誰もが満足する最高品質のレンタルサーバーを提供しているからです。

その中で、「Xserver VPS」は、VPSと呼ばれる仮想専用サーバーを2022年9月より提供しています。VPS企業としては新人ですが、レンタルサーバーに関しては信頼性と安定性を誇っています。

ポテコちゃん

聞いたことないと思ったら、2022年9月から始まったばかりだったのね。

揚げたてのポテト

ちなみに当サイトのWEBサーバーはかれこれ5年くらいXserverにお世話になっています。

Xserver VPSのサーバー性能

Xserver VPSは、他社のレンタルサーバーより低価格で提供し、更に高性能、高速な通信回線を使用しています。

マインクラフトなどのゲームサーバーはとても負荷が掛かりやすいので、ハイスペックサーバーにこだわっている点が魅力的ですね。

Xserver VPS公式サイトより引用
独自で通信速度を測定した結果

VPSについて

VPS(Virtual Private Server)とは、日本語で「仮想専用サーバー」のことです。

簡単にいうと、物理サーバーに仮想空間を用意することで仮想上に複数のサーバー(仮想サーバー)を作成できる技術になります。

VPSは、仮想上に異なるOSやメモリ、CPU等を自由に構築できます。

基本的にVPSは個人で提供することは少なく、Xserver VPSのような企業が提供しているところがほとんどです。

ポテコちゃん

ふむふm…( ˘ω˘)スヤァ

揚げたてのポテト

ま、まぁ…難しい内容なのでVPSはレンタルサーバーと似たようなものと思ってください。

Xserver VPSの料金について

Xserver VPSでは、サーバー性能によって、いくつかのプランに分かれています。

マイクラサーバーでは、マイクラバージョンやプレイヤー数に応じて、サーバー性能を選ぶ必要があります。

Xserver VPS公式サイトより引用

初めての方は、どのプランを選んでいいか分からないと思うので、当サイト独自で検証した安定して遊べるプランをご紹介したいと思います。

推奨プレイヤー数10人以下10~20人前後20人以上
プラン名4GBプラン8GBプラン16GBプラン
月額料金2,200円4,400円9,750円
CPU4コア6コア8コア
容量100GB100GB100GB
当サイトの独自検証によるプラン表

バージョン1.19.2で4GBプランを選択し、20~22時のゴールデンタイム帯に10人程のプレイヤーが同時接続した状態でも快適に遊ぶことができました。

なお、推奨プレイヤー数はあくまで目安です。

大量のMODやプラグインを導入するとサーバーが重くなる場合があります。大量に導入する予定のある方は、参加人数が少なくとも8GBプランが安定して快適に遊べるかと思います。

しかし、8GBプランだと月額料金が高いので、4GBプランから始めても後からプラン変更が可能なので、重すぎるなと思えば上位プランに変更することも可能です。(料金はプラスで加算される)

2GBプランはMODやプラグインサーバーの起動できないです。起動したとしてもカクカクでまともに遊べないのでご注意ください。(検証済み)

ポテコちゃん

あれ!?ホントだ!
他社のレンタルサーバーより半分くらい安いね!

揚げたてのポテト

驚きのコスパですよね。
更に12ヶ月以上で契約するともっとおトクになるのです!

割引キャンペーンでもっとおトクにしよう!

実はXserver VPSは1ヶ月使うより、12ヶ月以上利用する方におトクな割引キャンペーンがあります。

割引キャンペーンは、12ヶ月以上まとめて購入すると、1ヶ月あたりの料金が安くなります。

割引キャンペーン4GBプラン8GBプラン16GBプラン
1ヶ月2,200円/月
割引なし
4,400円/月
割引なし
9,750円/月
割引なし
12ヶ月1,800円/月3,600円/月7,800円/月
24ヶ月1,750円/月3,400円/月7,500円/月
36ヶ月1,700円/月3,201円/月7,200円/月
2023年1月24日時点

例:4GBプラン(月額料金2,200円)

割引キャンペーン
12ヶ月適用した場合
割引キャンペーン
12ヶ月適用しない場合
  • 月額料金が2,200円から1,800円になり、12ヶ月で21,600円掛かる!
  • 適用すると4,500円以上おトクに!
  • 月額料金が2,200円なので、12ヶ月で26,400円掛かる!
  • 12ヶ月使うなら割引キャンペーンの方がおトクです!
ポテコちゃん

12ヶ月以上使うとお得だけどそんなに遊べるか分からないな…笑

揚げたてのポテト

確かにそうですね笑。割引キャンペーンを使わなくても低価格なので1ヶ月毎でも十分だと思います。

支払い方法について

Xserver VPSでは、「クレジットカード」と「コンビニや銀行払い」の支払方法に対応しています。

Xserver VPSのアカウントを作成する

Xserver VPSを利用するにはXserverアカウントの作成が必要です。

既にXserverアカウントをお持ちの方はXserver VPSの公式サイトから「ログイン」して、次のステップをご覧ください。

STEP
お申し込みページを開く

以下のリンクよりXserver VPSの公式サイトを開きます。

公式サイトの右上「お申し込み」をクリックしてお申し込みページに移動してください。

Xserverアカウントをお持ちではない方は「すぐにスタート!新規お申込み」をクリックし、既にアカウントをお持ちの方は「ログイン」を選択しましょう。

STEP
アカウント情報の入力

アカウント登録は必須項目に必要な情報を入力していきます。

メールアドレスとパスワードはXserver VPSにログインする際に必ず使用するので忘れずにメモで残しましょう。

パスワードは、英字や数字の半角8~16文字以内で入力する必要があります。(記号可)

アカウント情報に入力できたら「利用規約と個人情報の取り扱いについて」をご覧になった上で、「チェック」を付けて、「次に進む」をクリックします。

STEP
確認コードの入力

登録したメールアドレスにXserverアカウントよりメールが届いています。

メールを開き、記載されている「認証コード」の数字6桁をお申込みフォームの「確認コード」に入力します。

メールに記載された「認証コード」の数字6桁をを入力してください。

入力できたら「次に進む」をクリックします。

STEP
お申し込み内容の確認

先程入力したアカウント登録情報が表示されます。

内容を確認して間違いがないようなら一番下の「SMS・電話認証へ進む」をクリックしてください。

STEP
SMS/電話認証を行う

次に本人確認を行うために、電話番号を入力してSMS認証または電話認証を行う必要があります。

電話番号を入力してメッセージ(SMS認証)もしくは音声通話(電話認証)をクリックします。

入力できたら「認証コードを取得する」をクリックしてください。

認証方法説明
SMS認証【おすすめ】スマホ等に認証コードのメッセージが届き入力するだけ
音声通話認証(電話認証)電話に出る必要があり、認証コードが分かるまで時間が掛かる

スマホ等のメッセージに「認証コード」が届くので、申し込みフォームに認証コードを入力して「認証してサーバー申し込みに進む」をクリックしてください。

揚げたてのポテト

これでXserver VPSのアカウント作成は完了です!

ポテコちゃん

画像付きだからとても分かりやすく作れたよ!

Xserver VPSでサーバープランを決めよう

【重要】サーバープランのサービス選択を間違えないようにしてください。

Xserver VPSのアカウント作成後、もしくはログインするとサーバーのお申し込みページに移動します。

ここからマイクラサーバーの性能(スペック)となるサーバープランを選んでいきます。

STEP
サービスは「VPS」を選択

ゲームサーバーではなく「VPSのお申し込み」を選択してください。

ゲームサーバーを選んでしまうとマイクラのバニラサーバーのみが対象なので、MODやプラグインサーバーが立てられなくなってしまいます。(よく確認する)

サーバー名を決めたい場合は「自分で決める」を選択し入力します。(あとで変更可能)

揚げたてのポテト

万が一、お申し込みサービスを間違えて契約した場合は、「OS再インストール」(無料)を選ぶとサービスの選び直しが可能です。

STEP
サーバープランを選択

以下の推奨プレイヤー数に応じて、プランを選択してください。

推奨プレイヤー数10人以下10~20人前後20人以上
プラン名4GBプラン8GBプラン16GBプラン
月額料金2,200円4,400円9,750円
CPU4コア6コア8コア
容量100GB100GB100GB
当サイトの独自検証によるプラン表

バージョン1.19.2で4GBプランを選択し、20~22時のゴールデンタイム帯に10人程のプレイヤーが同時接続した状態でも快適に遊ぶことができました。

なお、推奨プレイヤー数はあくまで目安です。

大量のMODやプラグインを導入するとサーバーが重くなる場合があります。大量に導入する予定のある方は、参加人数が少なくとも8GBプランが安定して快適に遊べるかと思います。

しかし、8GBプランだと月額料金が高いので、4GBプランから始めても後からプラン変更が可能なので、重すぎるなと思えば上位プランに変更することも可能です。(料金はプラスで加算される)

2GBプランはMODやプラグインサーバーの起動できないです。起動したとしてもカクカクでまともに遊べないのでご注意ください。(検証済み)

「他のプランを表示する」をクリックすると更に上位プランが表示されます。

STEP
サーバーの契約期間を選択

サーバーの契約期間を「1ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月」から選択します。

12ヶ月以上まとめて購入すると、1ヶ月あたりの料金が安くなる、割引キャンペーンが適用されるのでおトクに使うこともできます。

割引キャンペーン4GBプラン8GBプラン16GBプラン
1ヶ月2,200円/月
割引なし
4,400円/月
割引なし
9,750円/月
割引なし
12ヶ月1,800円/月3,600円/月7,800円/月
24ヶ月1,750円/月3,400円/月7,500円/月
36ヶ月1,700円/月3,201円/月7,200円/月
2023年1月24日時点

例:4GBプラン(月額料金2,200円)

割引キャンペーン
12ヶ月適用した場合
割引キャンペーン
12ヶ月適用しない場合
  • 月額料金が2,200円から1,800円になり、12ヶ月で21,600円掛かる!
  • 適用すると4,500円以上おトクに!
  • 月額料金が2,200円なので、12ヶ月で26,400円掛かる!
  • 12ヶ月使うなら割引キャンペーンの方がおトクです!
ポテコちゃん

これって月の途中から契約した場合は今月の料金はどうなるの?

揚げたてのポテト

月の途中で契約すると日割り計算に当てはまります。詳しくはこちらをご覧ください。

揚げたてのポテト

例えば、2022年12月20日に契約すると、2022年12月20日~12月31日の日割り計算+2023年1月1日~1月31日の月額料金で請求されます。

STEP
イメージタイプを選択

サーバープランを選択できたら次はイメージタイプを選択します。

イメージタイプは「Ubuntu」を選択してください。

Ubuntuとは、LinuxベースのWindowsやMac等のOSの一種です。Ubuntuの他に様々なLinuxがありますが、特にUbuntuは初心者に優しいOSと言われていて、とにかく使いやすいのが特徴です。

STEP
rootパスワードを入力

次にrootパスワードの設定になります。

rootパスワードは、サーバーを管理する時に必要になるので入力したrootパスワードは必ずメモしましょう。

半角英字、半角数字、半角記号から2種類以上を含んだ9文字以上70文字以内で入力する。

記号「”」「’」「;」は問題になる可能性が高いのでrootパスワードの入力を避けてください。

STEP
利用規約を確認し、サーバーを申し込む

上記の入力が完了したら、Xserver VPS利用規約をご覧になった上で「Xserver VPS利用規約に同意する」にチェックを付け、「お申し込み内容を確認する」をクリックします。

その後、お申し込み内容を確認し、問題なければ「お支払いへ進む」をクリックしてください。

STEP
支払い方法を選択

次に支払い方法を選択していきます。

Xserver VPSでは、「クレジットカード」または「コンビニ払い/銀行払い」に対応しています。

どちらか支払方法を選択したら「決済画面へ進む」をクリックします。

上記の請求金額は、1日(70円)の日割り計算(計140円)+月額料金(2,200円)=2,340円になっています。

揚げたてのポテト

クレジットカードなら自動更新の設定ができるので払い忘れがなくおすすめです。

ポテコちゃん

私はクレジットカードを持ってないからコンビニ払いかな~。

クレジットカードを選択した方は、カード情報を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

最後に「支払いをする」をクリックして支払いを完了します。

以下の画面が表示されたら料金の支払い完了です。そして「トップに戻る」をクリックします。

STEP
完了

支払い完了後、VPS構築が開始されます。(大体5分程度で構築が完了する)

トップ画面に戻ったら「VPS管理」を選択します。

こちらはVPSパネルというサーバー管理画面です。

右上に「稼働中」となっていたらVPSの用意が完了しました!

5分以上待っても、表示が変わらなかったらページ更新をしてみましょう。

サーバーの初期設定

それでは、作成したVPSに接続して、マイクラサーバーを立てる準備(初期設定)を行っていきます。

慣れないコマンド操作が出てきますが、記事通りに行えば問題ありませんので安心してください。

接続許可ポートを開放する

Xserver VPSの仕様でサーバーに接続するためのポート番号が全て閉鎖されています。

サーバーに接続する前に接続許可ポートを開放する必要があります。(初回のみ)

Xserver VPSのVPSパネル(管理画面)の左側から「接続許可ポート設定」をクリックします。

全て許可の「ONにする」に選択し、「接続許可ポートを設定する」をクリックします。

少し待つと接続許可ポートの設定が完了します。

揚げたてのポテト

いよいよ契約したVPSに接続していきます!

VPSに接続する

VPSに接続する方法はいくつかあるのですが、今回はWindowsパソコンに標準搭載の「Windows PowerShell」から接続していきたいと思います。(コマンドプロンプトでも接続できます)

Macパソコンの方は「ターミナル」を開いてください。(大体操作は同じ)

STEP
Windows PowerShellを開く

Windows PowerShellを開きたいと思うので左下の「Windowsマーク」をクリックします。

アルファベット順に並んでいるアプリケーションの中から「Windows PowerShell」を探して開きます。

今後、よく使うのでマウスでドラッグしてデスクトップに貼っておくと使いたい時にすぐ使えます。

STEP
Windows PowerShellを日本語に対応させる

Windows PowerShellのデフォルトでは日本語に対応していません。

Xserver VPSが日本語に対応していて、このままだと文字化けになり分かりづらくなるので日本語に対応させる必要があります。

上部のWindows PowerShellで右クリックし、「プロパティ」を選択します。

プロパティの「フォント」タブを選択し、フォントを「MSゴシック」を選択して「OK」します。

これでWindows PowerShellの日本語に対応できました。

2回目以降の起動でも設定は適用されるので同じ操作をする必要はありません。

STEP
Windows PowerShellからVPSに接続する

接続するにはVPSのIPアドレスが必要なので、先程の画面から「IPアドレス」をコピーします。

Windows PowerShellにVPSに接続する以下のコマンドを入力し、Enterキーで実行します。

ただし「123.456.78.9」部分は、上記のIPアドレスに置き換えて入力してください。

実行した時に「Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])?」と聞かれたら「yes」を入力し、Enterキーで実行してください。

次に以下の画面になると思いますが、こちらはVPS接続に必要な「rootパスワード」の入力を求められています。

rootパスワードはサーバープランを申し込む時に決めているので、それを入力して実行します。

入力した文字は非表示なので1文字1文字を慎重入力しましょう。

STEP
接続完了

おそらく以下の画面に切り替わるのでこのような画面になればVPSの接続完了です。

これからこの画面を使って、サーバーの初期設定やマイクラサーバー構築を進めていきます。

この画面でコピペするには、ショートカットの「Ctrl+C」や「Ctrl+V」が使えないので、貼り付ける時は、画面内で「右クリック」すると貼り付け(ペースト)ができるのでコマンド入力に活用してください。(コピーは別の方法です)

揚げたてのポテト

簡単にVPS接続できましたね!

ポテコちゃん

たまにコマンドプロンプトやWindows PowerShellの名前を見ることはあったけど、こういう使い方だったのね!

サーバーの初期設定

無事VPSに接続できたので、サーバーの初期設定を行っていきたいと思います。

コマンドを使っての作業になりますが、記事通り行っていただければ問題ありません。

当記事は、初心者向けに最低限の初期設定を行うので、Ubuntuに知識がある方は自由にカスタマイズして初期設定をしてもらって構いません。

STEP
VPSのパッケージをアップデートする

セキュリティ向上のために、VPSのパッケージというものをアップデートします。

apt update && apt upgrade -y
アップデートする理由(豆知識)

Ubuntuでは、各ソフトウェアが「パッケージ」という形で管理されています。

VPSは、このパッケージが古いバージョンのまま使われていることがあるので、まずは各パッケージを最新版にアップデートすることが鉄則です。

古いパッケージにはセキュリティ欠陥やバグが含まれることもあります。なので、セキュリティ向上のためにアップデートは重要になります。

揚げたてのポテト

このような形で初心者向けにどのようなことを行っているか、ちょくちょく説明していこうと思います。(読まなくてもOK)

実行すると、沢山の文字が表示されますが焦らずにアップデートを見届けましょう。

アップデート中に以下の画面が表示されることがあります。

パターン①~③は必ずしも表示されるわけではないので、表示されなくても問題ありません。

パターン①

以下の画面が表示されたら、Enterキーを押します。

TABキーを押すと「了解」が赤くなるのでこの状態でEnterキーを押します。

パターン②

2番目の「keep the local version currently installed」を選択して、Enterキーを押してください。

選び方は↑↓キーで選択できます。

パターン③

以下の画面では、「n」を入力して実行してください。


アップデート完了

[email protected]」となっていればアップデート完了です。次のステップへ進みましょう。

STEP
ファイアーウォールの設定

VPSのファイアーウォールの設定を行っていきます。

デフォルトはファイアーウォールが無効になっていることが多いので以下のコマンドで有効にします。

ufw enable

この時に「Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)?」と聞かれたら「y」を入力し、実行してください。

次に、ポート番号の開放を行っていきます。(以下のコマンドを順番に実行してください)

ufw allow 22/tcp
ufw allow 25565/tcp
ufw allow 19132/udp

TCPポート「22」は、Windows PowerShellやこの後説明するWinSCPの接続に必要なポート番号で、「25565」はマイクラサーバーのポート番号です。UDPポート「19132」は一部のマイクラサーバーに必要なポート番号です。

ファイアーウォールを設定する理由(豆知識)

先程、VPSの接続許可ポートの開放を行ったと思います。

これだと全てのポート番号が開放されている状態なのでセキュリティ的に問題があります。

そのため、ファイアーウォールを使用して一部のポート番号のみを許可する設定にします。

接続したファイアーウォールを適用するために以下のコマンドを実行します。

ufw reload

きちんとファイアーウォールが適用されているか確認してみましょう。

ufw status numbered

「Status: acitve(アクティブ)」となっていればファイアーウォール有効になっています。

また、設定したポート番号も表示されていれば問題無く適用されています。

今後、ポート番号を追加したい時は上記のコマンドを使って追加していきましょう。

STEP
Javaインストール

マイクラサーバーを動かすには「Java」が必要です。

現時点ではVPSにJavaが導入されていないので新たにJavaをインストールする必要があります。

また、Javaにはバージョンがあり、マイクラサーバーのバージョンに合わせてインストールする必要があります。

マイクラバージョン対応Javaバージョンインストール用コマンド
1.7.10~1.16.5Java8またはJava11
※基本的にJava8にした方が不具合ない
apt install openjdk-8-jdk -y
1.17~1.17.1Java16apt install openjdk-16-jdk -y
1.18~Java17apt install openjdk-17-jdk -y
揚げたてのポテト

当記事では、1.19.2のマイクラサーバーを立てる想定で進めていくのでJava17をインストールしていきます。

何か表示されたら…

以下のような画面が出たら、先程と同じくTABキーを押して「了解」でEnterキーを押すだけで問題ありません。

今後、同じような画面が表示されたらこの操作で問題ありません。

Javaのインストールができたら以下のコマンドを実行して、導入したJavaバージョンを確認しましょう。

java -version

Javaバージョンは、Java8なら「”1.8.0″」、Java11なら「”11.X.X”」、Java16は「”16.X.X”」、Java17は「”17.X.X”」という表示になります。

STEP
マイクラサーバー用のフォルダ(ディレクトリ)を作成する

マイクラサーバーを作成していくために、事前にマイクラサーバー用のフォルダ(ディレクトリ)を作成しておこうと思います。

揚げたてのポテト

Ubuntuでは、フォルダのことをディレクトリと呼びます

以下のコマンドを実行してください。

 mkdir /usr/games/minecraft && cd $_

gamesフォルダの中に新しくminecraftフォルダを作成して、minecraftフォルダを開いたというコマンドになります。

これで、minecraftフォルダを開いている状態になっています。

お疲れ様でした、これでサーバーの初期設定は完了です。

揚げたてのポテト

Ubuntu等に知識ある方が見るとこれだけ?と思うかもしれませんが、初心者向けの最低限の初期設定なのでご理解くださいませ。

揚げたてのポテト

もっとセキュリティを高めたい!と思う方は、マイクラサーバーを無事立てられたらチャレンジしてみても良いと思います!

ポテコちゃん

私は、これだけでも頭が混乱してるからやめとくね…。

マイクラサーバーを作成してみよう

ようやくマイクラサーバーを立てる準備が整ったので、ここからはマイクラのMODサーバーまたはプラグインサーバーを立てていきたいと思います。

揚げたてのポテト

コマンド操作はほとんど無いので安心してください。

FTPソフトを使ってVPSに接続する

先程は、Windows PowerShellを使って、VPSに接続しましたがWindows PowerShellだとフォルダ等のダウンロードやアップロードができません。(できるけどややこしい)

そのため、「FTPソフト」と呼ばれるパソコンとレンタルサーバー(VPS)同士のファイルやフォルダ等を繋げるソフトを使って、マイクラサーバーに必要なフォルダ等をVPSにアップロードしていきます。

WinSCP(Win対応)またはCyberduck(Win・Mac対応)をパソコンにインストールしてください。

当記事では「WinSCP」を使って進めていきます。

FTPソフトは安全?

ファイル共有(転送)をする時に対象ファイルを暗号化させて送るので、転送中にファイルの中身が読み取られ悪用される心配が無いので、セキュリティ的に安全に使えます。

揚げたてのポテト

Windows PowerShellも使うのでそのまま放置でお願いします。

STEP
WinSCPを起動する

WinSCPソフトを起動して、左上の「新しいセッション」を選択します。

STEP
VPSの接続情報を入力する

VPSに接続するために接続情報を入力していきます。

VPSの接続情報
  • ホスト名:Xserver VPSのIPアドレス
  • ポート番号:22
  • ユーザ名:root
  • パスワード:rootパスワード(Xserver VPSのサーバープラン時のパスワード)

接続情報の入力ができたら「保存」をクリックしましょう。(次回以降の入力が省略できる)

保存できたら「ログイン」をクリックして、VPSに接続できます。

警告メッセージが表示された場合

このような警告メッセージが表示されたら、そのまま「はい」を選択してください。

以下の画面に切り替われば、VPSに接続完了しました。

真ん中から左側はご自身のパソコンのフォルダデータで、右側はVPSのフォルダデータになります。

STEP
minecraftフォルダを開く

先程、Windows PowerShellを使って、minecraftフォルダを作成したと思います。

次にWinSCPから作成したminecraftフォルダを開きたいと思います。

まず「フォルダマーク」をクリックしてください。

「ディレクトリを開く」という小さなウィンドウが開くと思うので、入力欄に以下のフォルダパス(ディレクトリパス)を入力します。

/usr/games/minecraft

入力できたら「開く」をクリックしてください。

これでminecraftフォルダを開くことができました。

基本的にminecraftフォルダ以外を開くことは無いのでこの操作を覚えてください。

作成したばかりのminecraftフォルダなので中身は何もありません。ここにマイクラサーバーに必要なデータを入れていくイメージです。


次は、MODサーバーまたはプラグインサーバーの立て方に入っていきます。

それぞれ立て方が異なるので、前半は「MODサーバーの立て方」を紹介して、後半に「プラグインサーバーの立て方」を紹介する2本立てでお送りします。

\それぞれのリンクをクリックするとページ移動できます/

  1. MODサーバーの立て方【Forge/Fabric対応】
  2. プラグインサーバーの立て方【SpigotMC/PaperMC対応】
揚げたてのポテト

プラグインサーバーを立てたい方はスクロールするのが大変だと思うので、こういうのを用意してみました。

ポテコちゃん

ありがとう!
スクロールするのって地味に指に来るからね。

MODサーバーの立て方【Forge/Fabric対応】

Xserver VPSの下準備が完了したので、MODサーバーを作成していきます。

VPSを初めて触る方でも打ち込むコマンドを少なく、簡単にMODサーバーを立てられる方法を考えたので、当記事ではそちらの立て方を採用していきます!

ちなみに今回は有名な「黄昏の森(The Twilight Forest)」MODの1.19.2を例に立てていこうと思います!

揚げたてのポテト

他のバージョンやMODでも同じ手順なので安心してください。

揚げたてのポテト

手順通りで進めれば10~15分ほどで立てられると思います!

ForgeまたはFabricとMODを用意する

はじめに、前提MODの「Forge」または「Fabric」と導入したい「MOD」を用意します。

当記事ではForgeを例にして進めていきますが、Fabricも同じように進めてください。

ForgeとFabricの両方を同時に前提MODとして使えないので、導入したいMODに対応した方を前提MODを選びましょう。

\導入したい前提MODを選択/

こちらは「Forge」を前提MODで導入したい方向けです。

STEP
Forgeのダウンロード

Forge公式サイトよりMODサーバーのバージョンに合わせてダウンロードします。

Forge公式サイトを開き、左上のMinecraft Versionの中にダウンロードしたいバージョンをクリックします。

次に、真ん中に表示された「Download Latest」の「Installer」をクリックします。

Forgeのダウンロードページに移動しますが、右上に5秒間のカウントダウンが始まります。

カウントダウンが0秒になると、「SKIP」ボタンが表示されるのでクリックするとダウンロードができます。

STEP
Forgeのインストール

次に、ダウンロードしたForgeをインストールして、サーバー用のForgeを入手します。

  1. Forgeのインストーラーをダブルクリックして起動します。
  2. 「Install server」を選択します。
  3. 「…」を選択して、インストール先を指定します。(分かりやすいようにインストーラーがあるフォルダが良いです)

シングルプレイで遊ぶときは、Install clientを選択するがサーバー用は「Install server」です。

①~③を選択できたら「OK」をクリックします。

すぐにインストールが開始されるので「Complete」と表示されるまで待ちます。

黒い画面が一瞬表示されるだけで開けない場合の対処法

Javaのバージョンやパソコン環境によって、ダブルクリックだけだと開けない場合があります。他にも開く方法としてバッチファイルを利用した開き方があるので紹介します。

フォルダ内で右クリックし、「新規作成」→「メモ帳」を選択します。

メモ帳の名前は分かりやすい名前で問題ありません。

メモ帳の中身を以下のコードにしてください。

@echo off
java -jar ここにForgeの名前を入力.jar nogui
pause

ダウンロードしたForgeを右クリック「名前を変更」から名前のコピーができます。

次に「名前を付けて保存」を選択し、
ファイル名を「○○.bat」、ファイルの種類「すべてのファイル」に変更してから「保存」してください。

これでバッチファイルの作成は完了です。あとは作成したバッチファイルをダブルクリックして起動させると、Forgeのインストールが出来るようになります。

インストール後は、「forgeインストール用」は不要になるので削除しても構いません。

STEP
Forgeのインストール完了

以下の画面が表示されたらインストール完了したという合図です。

MODを入手しよう

次に、MODサーバーに導入したいMODを入手しましょう。

当記事では、黄昏の森MOD(Forge対応)を導入していくので、他のMODを導入したい方は、各自でMODを用意してください。

黄昏の森(The Twilight Forest)のダウンロード方法

黄昏の森(The Twilight Forest)ダウンロードページを以下より開きます。

色々なバージョンが表示されるので導入したいバージョンをダウンロードします。

Typeは「B」より「R」の方が安定しているので「R」を選ぶようにしましょう。「R」が無ければ「B」でも問題ないです。

ページ移動したら、5秒間のカウントダウンが始まります。0秒になると自動的にダウンロードが開始されて完了となります。

これで黄昏の森MODのダウンロード完了です。

ForgeとMODのダウンロードが完了するとこのようなファイルになると思います。

Fabricの方は、jarファイルのみになっています。

\バージョンによってファイルが異なる/

この中の「forge-X.X.X-installer」、「installer」、「run.bat(バッチファイル)」は不要なので削除します。

「run.sh(Shell Script)」は必要なので削除しない

削除しなくてもいいですが、MODサーバー作成時に紛らわしくなるので削除をおすすめします。

FTPソフトを通して必要フォルダ等をVPSに導入する

それではFTPソフトを通して、Xserver VPSのminecraftフォルダに先程ダウンロードしたフォルダ等を導入していきます。

左側の「フォルダマーク」を選択します。

ディレクトリを開くの「参照」をクリックして、ForgeまたはFabricやMODがあるフォルダを指定します。

Forge1.17.1からForgeサーバーの立て方が若干変わったため、「1.17.1~」と「1.7.10~1.16.5」で立て方を分けています。対象バージョンのタブを以下より選択してご覧ください。

Fabricサーバーを立てたい方は、バージョン1.7.10~1.16.5をご参考ください。

フォルダを開くことができたら、「libraries」、「run.sh」、「user_jvm_args」、「mod」の4つをminecraftフォルダにドラッグ&ドロップしましょう。

揚げたてのポテト

はい!これでMODサーバーの作成完了です。

ポテコちゃん

え、これだけ?
ダウンロードしたフォルダを入れただけだよ!?

揚げたてのポテト

そうですね。
あとはMODサーバーを起動していくつかやる事があるくらいです!

MODサーバーを起動する

ここまでお疲れ様でした。

それでは、作成したMODサーバーをきちんと起動できるか確認してみましょう。

MODサーバーを起動するには「Windows PowerShell」が必要です。

STEP
MODサーバーを起動する(初回起動)

minecraftフォルダになっていることを確認したら以下のコマンドを実行します。

sh run.sh

sh run.shは、マイクラサーバーの起動コマンドなので覚えておきましょう。

サーバーを起動すると文字が沢山出てきますが、正常動作なので問題ありません。

初回起動に限り、すぐにサーバーが終了しますが仕様です。赤線で「Failed to load eula.txt」というメッセージが表示されると思います。

これは「eula」というマイクラサーバーの利用規約に同意してからサーバーを起動してくださいというメッセージです。

初回起動のサーバー画面
STEP
利用規約に同意する

それでは、eulaの利用規約に同意するためにWinSCPを開き、「eula.txt」を開きます。

eula.txtが見当たらない時は、右上の「更新」ボタンをクリックすると最新情報になります。

1行目で書かれているURLが利用規約です。

そして、最後の行にeula=falseとあるので「eula=true」に変更して「上書き保存」します。

これで利用規約の同意は完了しました。

STEP
MODサーバーを起動する(2回目)

それでは、Windows PowerShellに戻り、再度sh run.shでサーバーを起動してみましょう。

「Done (XXXs)! For help, type “help”」と表示されたら正常にサーバー起動完了という合図です。

サーバーを閉じるにはstopとコマンド実行するとサーバーが閉じます。

これでサーバー起動完了したのでマイクラサーバーに接続できます。

ですが、MODをサーバーに導入してないのでマイクラサーバーに接続するのはそれからにしましょう。

ポテコちゃん

あともう少し!

STEP
MODを導入する

MODを導入するには、サーバーを停止してから導入する必要があるので、stopコマンドを実行してください。

WinSCPでMODを「mods」フォルダにドラッグ&ドロップで入れます。

念のため、modsフォルダを開いて確認してみましょう。

揚げたてのポテト

きちんと入っていますね、これでMOD導入は完了です。

STEP
MODサーバーを起動する(3回目)

それでは、3回目のMODサーバーを起動させましょう。

ポテコちゃん

ん、最初からMOD導入した方が手順少なくない?

揚げたてのポテト

それでも良いのですが起動できなかった時に、どこの手順で間違えたか分かりやすくするために、あえて起動を分けて行っています。

MOD導入後も正常にサーバー起動をすることができました!

2回目以降にマイクラサーバーを起動する手順

Windows PowerShellを閉じてしまった時に2回目以降にマイクラサーバーを起動する手順をまとめました。

  1. Windows PowerShellを起動する
  2. ssh [email protected]を実行する(IPアドレスは書き換える)
  3. cd /usr/games/minecraftを実行する
  4. sh run.shを実行する

※screenを使っている方は、5.としてscreen -r minecraftを実行する

クライアントMODとサーバーMODについて

MODサーバーでは、クライアント側にも同じMODを導入した状態で接続する必要があります。

ポテコちゃん

うん?どういうこと?

揚げたてのポテト

例えば、MODサーバーに黄昏の森MODを入れたら、サーバーに接続する人(クライアント)も同じ黄昏の森MODを入れないと接続できないのです。

また、MODの種類には、クライアントMOD(シングルプレイ用)とサーバーMOD(マルチプレイ用)の2種類に分かれています。

  • クライアントMOD:サーバーに未対応でクライアントのみ導入できるMOD
  • サーバーMOD:クライアントとサーバーのどちらも対応したMOD

そのため、サーバーに対応していないMODを導入してしまうと、サーバーが正常に起動しない場合があるのでご注意ください。

クライアントのみ対応MOD
クライアントとサーバー対応MOD
  • Optifine
  • ReplayMod
  • MiniMap(ミニマップ系)
  • TooManyItems
  • ステータス表示系MOD
  • 日本語MOD
  • 影MOD(シェーダー)
  • 黄昏の森(The Twilight Forest)
  • 乗り物系MOD
  • 一括破壊系MOD
  • ダンジョン、モブ追加系MOD

他にも対応しているMODとしてないMODがあるので、分からない時はネット検索をすると対応有無が書かれているので参考にしましょう。

MODサーバーに接続する

それでは、マインクラフトを立ち上げて「マルチプレイ」でサーバーに接続してみましょう!

サーバーに接続する際はクライアント(接続する人)もMODサーバーと同じMODを導入している必要があります。

既にクライアントに同じMODを導入していることを前提で進めていきます。

「マルチプレイ」をクリックします。

次に「ダイレクト接続」をクリックします。

Xserver VPSのIPアドレスを入力して、「サーバーに接続」をクリックします。

するとサーバーに接続することができました!

MOD要素も問題なく反映されていることを確認できました!

黄昏の森へのゲート
黄昏の森の世界

お疲れ様でした!これでMODサーバーの立て方は以上になります!

現時点では、Windows PowerShellを閉じるとマイクラサーバーも停止されるようになっているため、Windows PowerShellを閉じても24時間365日、サーバー停止されないようにしたい!という方はよくある質問をご覧ください。

プラグインサーバーの立て方【SpigotMC/PaperMC対応】

Xserver VPSの下準備が完了したので、プラグインサーバーを作成していきます。

VPSを初めて触る方でも打ち込むコマンドを少なく、簡単にプラグインサーバーを立てられる方法を考えたので、当記事ではそちらの立て方を採用していきます!

ちなみに今回は、PaperMCの1.19.3を例にして立てていこうと思います!

揚げたてのポテト

他のバージョンでも同じ手順なので安心してください。
手順通り進めれば10~15分ほどで立てられると思います!

SpigotMCまたはPaperMCを用意する

はじめに、プラグインサーバーを立てるのに必要な「SpigotMC」または「PaperMC」を用意します。

ポテコちゃん

SpigotMCとPaperMCの違いって何?

SpigotMCとは

SpigotMCはCraftBukkitから派生したサーバーになります。

以前までCraftBukkitが主流のプラグインサーバーでしたが、SpigotMCの方がサーバー動作が軽く、パフォーマンスが向上する等の理由から主流が変わりました。

今ではプラグインもSpigotMCベースで開発されているためCraftBukkitはおすすめしません。

PaperMCとは

PaperMCはSpigotMCから派生したサーバーになります。

要するにSpigotMCを更に軽く改善させたサーバーです。とてもパフォーマンス的に良いのでおすすめです。

有名なプラグインで「WorldEdit」ってありますよね、そのWorldEditがPaperMCは軽いからぜひ使って!っておすすめしてるくらい大手サーバーでも採用されています。

ポテコちゃん

ほえ~プラグインサーバーでも色々あるんだね?
ポテトくんはどっちがおすすめ?

揚げたてのポテト

個人的にはサーバー動作が最も軽く、ダウンロードが簡単な「PaperMC」をおすすめします!

\導入したいプラグインサーバーを選択/

こちらは「PaperMC」を導入したい方向けです。

PaperMC公式サイトよりプラグインサーバーのバージョンに合わせてダウンロードします。

Forge公式サイトを開き、左側の「青ボタン」をクリックするとダウンロードが開始されます。

基本的に最新版である#の大きい数字を選んでください。

これでダウンロード完了です。

最新バージョン以外をダウンロードしたい場合

PaperMCは対応バージョンしか掲載されていません。

既にサポートが終了した他のバージョンを入手したい方は以下よりダウンロードしてください。

他のバージョンを入手する

開くとこのような質問が問われるので、

「No」と「It will be closed」を選択して、「SUBMIT」をクリックします。

ダウンロードしたいバージョンを選んで「DOWNLOAD ANYWAY」を選択します。

FTPソフトを通して必要フォルダ等をVPSに導入する

それではFTPソフトを通して、Xserver VPSのminecraftフォルダに先程ダウンロードしたjarファイルを導入していきます。

左側の「フォルダマーク」を選択します。

ディレクトリを開くの「参照」をクリックして、ダウンロードしたjarファイルがあるフォルダを指定します。

これでプラグインサーバーのjarファイルがあるフォルダを開けました。

フォルダを開くことができたら、「jarファイル」をminecraftフォルダにドラッグ&ドロップしましょう。

次にプラグインサーバーを起動させるファイルを作成していきます。

右上の「新規」→「ファイル」の順番に選択し、ファイル名を入力に「run.sh」で「OK」を選択します。

するとメモ帳が開くと思うので、以下のコードを入力もしくはコピペしてください。

java -server -jar jarファイル.jar

jarファイルには、PaperMCまたはSpigotMCのjarファイル名に合わせて変更してください。

コード入力ができたら上書き保存して閉じて問題ありません。

揚げたてのポテト

はい!これでプラグインサーバーの作成完了です。

ポテコちゃん

え、これだけ?
ダウンロードしたフォルダを入れただけだよ!?

揚げたてのポテト

そうですね。
あとはプラグインサーバーを起動していくつかやる事があるくらいです!

プラグインサーバーを起動する

ここまでお疲れ様でした。

それでは、作成したプラグインサーバーをきちんと起動できるか確認してみましょう。

プラグインサーバーを起動するには「Windows PowerShell」が必要です。

STEP
プラグインサーバーを起動する(初回起動)

minecraftフォルダになっていることを確認したら以下のコマンドを実行します。

sh run.sh

sh run.shは、マイクラサーバーの起動コマンドなので覚えておきましょう。

サーバーを起動すると文字が沢山出てきますが、正常動作なので問題ありません。

初回起動に限り、すぐにサーバーが終了しますが仕様です。赤線で「Failed to load eula.txt」というメッセージが表示されると思います。

これは「eula」というマイクラサーバーの利用規約に同意してからサーバーを起動してくださいというメッセージです。

初回起動のサーバー画面
STEP
利用規約に同意する

それでは、eulaの利用規約に同意するためにWinSCPを開き、「eula.txt」を開きます。

eula.txtが見当たらない時は、右上の「更新」ボタンをクリックすると最新情報になります。

1行目で書かれているURLが利用規約です。

そして、最後の行にeula=falseとあるので「eula=true」に変更して「上書き保存」します。

これで利用規約の同意は完了しました。

STEP
プラグインサーバーを起動する(2回目)

それでは、Windows PowerShellに戻り、再度sh run.shでサーバーを起動してみましょう。

「Done (XXXs)! For help, type “help”」と表示されたら正常にサーバー起動完了という合図です。

サーバーを閉じるにはstopとコマンド実行するとサーバーが閉じます。

これでサーバー起動完了したのでマイクラサーバーに接続できます。

ですが、プラグインをサーバーに導入してないのでマイクラサーバーに接続するのはそれからにしましょう。

ポテコちゃん

あともう少し!

STEP
プラグインを導入する

プラグインを導入するには、サーバーを停止してから導入する必要があるので、stopコマンドを実行してください。

WinSCPを開いて、プラグインを「plugins」フォルダにドラッグ&ドロップで入れます。

今回は、冒頭で例に出した階段ブロックに座れるプラグインを入れてみます。

確認のために、pluginsフォルダを開いて確認してみましょう。

揚げたてのポテト

きちんと入っていますね、これでプラグイン導入は完了です。

STEP
プラグインサーバーを起動する(3回目)

それでは、3回目のプラグインサーバーを起動させましょう。

ポテコちゃん

ん、最初からプラグイン導入した方が手順少なくない?

揚げたてのポテト

それでも良いのですが起動できなかった時に、どこの手順で間違えたか分かりやすくするために、あえて起動を分けて行っています。

プラグイン導入後も正常にサーバー起動をすることができました!

2回目以降にマイクラサーバーを起動する手順

Windows PowerShellを閉じてしまった時に2回目以降にマイクラサーバーを起動する手順をまとめました。

  1. Windows PowerShellを起動する
  2. ssh [email protected]を実行する(IPアドレスは書き換える)
  3. cd /usr/games/minecraftを実行する
  4. sh run.shを実行する

※screenを使っている方は、5.としてscreen -r minecraftを実行する

プラグインサーバーに接続する

それでは、サーバーと同じバージョンに合わせてマインクラフトを立ち上げて「マルチプレイ」でサーバーに接続してみましょう!

「マルチプレイ」をクリックします。

次に「ダイレクト接続」をクリックします。

Xserver VPSのIPアドレスを入力して、「サーバーに接続」をクリックします。

するとサーバーに接続することができました!

階段ブロックに座れるプラグインも反映されていることが分かりました!

お疲れ様でした!これでプラグインサーバーの立て方は以上になります!

現時点では、Windows PowerShellを閉じるとマイクラサーバーも停止されるようになっているため、Windows PowerShellを閉じても24時間365日、サーバー停止されないようにしたい!という方はよくある質問をご覧ください。

よくある質問

こんな時はどうすればいいんだろう?という疑問をよくある質問という形式でまとめたのでご覧ください!

Windows PowerShellを閉じてもマイクラサーバーを起動し続けるようにしたい!

可能です。少し説明が長くなるので以下を開いてご覧ください。

24時間365日でマイクラサーバーを起動する方法

minecraftフォルダの中にあるrun.shの記述を少し変える必要があります。

以下の操作はstopでマイクラサーバーを停止してから行ってください!

1.7.10~1.16.5のMODサーバー及びプラグインサーバー

変更前のrun.shの記述は以下のようになっていると思います。

java -server -jar jarファイル.jar

これを先頭にscreen -AmdS minecraftを追加する必要があります。

screen -AmdS minecraft java -server -jar jarファイル.jar

1.17.1~のMODサーバーのみ

変更前のrun.shの記述は以下のようになっていると思います。

java @user_jvm_args.txt @libraries/net/minecraftforge/forge/XXXXXX/unix_args.txt "[email protected]"

これを先頭にscreen -AmdS minecraftを追加する必要があります。

screen -AmdS minecraft java @user_jvm_args.txt @libraries/net/minecraftforge/forge/XXXXXX/unix_args.txt "[email protected]"

追加できたら上書き保存してください。

追加時に「screen」という記述をしたと思うのですが、これは端末に複数の仮想ウィンドウを動作できる(バックグラウンドのような)アプリです。(24時間起動できる)

サーバーの起動方法

サーバーの起動方法が若干変わります。

今まではマイクラサーバーを起動する時にsh start.shコマンドを実行していましたが、これだけだとサーバーログが流れないので、その後にscreen -r minecraftというコマンドを実行してください。

すると、先程と同じサーバーログが表示されると思います。

サーバーを停止せずにサーバーログの切断方法

サーバーを停止しないでサーバーログから切断する方法を説明します。

  1. どこでもいいので画面を1回クリックします。
  2. 「Ctrl+A」キーを押した後に「D」キーを押すと、サーバー起動を維持したまま、サーバーログを閉じることができます。
  3. Windows PowerShellをexitコマンドでそのまま閉じる

後日、Windows PowerShellを開いた時にscreen -r minecraftコマンドを実行すれば、維持されたサーバーログを再度開くことができます。(sh run.shは不要)

揚げたてのポテト

複数コンソールがある状態になるので最初は混乱すると思いますが、この辺りは、使い続けていくと自然と手順も覚えていきますよ。

サーバーは問題なく起動できて遊べているけど、しばらくすると勝手にサーバーが閉じてしまう

通信環境の影響で、Windows PowerShellとVPSとの通信が一瞬切れてしまった可能性があります。

これを解決するには、screenを使う必要があります。

screenは、1つ上のQ&Aで説明しているのでご覧ください。

エラー「Unable to access jarfile XXXX.jar」と表示されてサーバーを起動できない

「Unable to access jarfile XXXX.jar」というエラーはrun.shに記述した「XXX.jar」とminecraftフォルダにあるjarファイルの名前が一致してないために表示されるエラーです。

run.shの記述をもう一度ご確認ください。

エラー「There is no screen to be resumed matching minecraft」と表示されて起動できない

sh run.shコマンドを実行した時に、何らかの原因でサーバーがエラーとなり立てられてないです。

run.shの記述で「screen -AmdS minecraft」を外した状態でサーバー起動するとエラーが分かるようになります。

エラーがよくある質問に無いものであれば、コメント欄に質問してください。

screen -r minecraftを実行すると「XXXX.minecraft」と表示された時どうすればいい?

「XXXX.minecraft」というのは以下の画像のことです。

画像のようなエラーが発生する原因は、sh run.sh を複数回実行等させるとマイクラサーバーが多重起動になっている状態です。

これを解消しなければいけないので、番号が小さい「2227」を停止させる必要があります。(多重起動によって番号が異なるので注意)

screen -r 2227を実行するとサーバーログが開きます。

その後、stopコマンドを実行して、2227のマイクラサーバーを停止させます。

これで残りの「2307」のマイクラサーバーだけになったと思います。

念のため確認でscreen -lsを実行すると、1つの「XXXX.minecraft」だけが表示されます。あとは、screen -r minecraftを実行すれば解決です。

Windows PowerShellを閉じて2回目以降にmkdir /usr/games/minecraft && cd $_を実行するとエラーが出る

mkdir /usr/games/minecraft && cd $_はフォルダ作成するコマンドなので1回限りです。

おそらく「ファイルが存在します」と言われるでしょう。

2回目の起動方法は以下をご参考ください。

2回目以降にマイクラサーバーを起動する手順

Windows PowerShellを閉じてしまった時に次回以降にマイクラサーバーを起動する手順をまとめました。

  1. Windows PowerShellを起動する
  2. ssh [email protected]を実行する(IPアドレスは書き換える)
  3. cd /usr/games/minecraftを実行する
  4. sh run.shを実行する

※screenを使っている方は、5.としてscreen -r minecraftを実行する

揚げたてのポテト

よくある質問は随時更新していきます。
分からない事があればコメント欄にて分かる範囲でお答えできます。

最後に

前回、Xserver VPSのバニラサーバーの立て方を紹介しました。

色々と検証した結果、現時点ではXserver VPSのマイクラテンプレートからMODやプラグインサーバーを立てることができませんでした。(できるけど初心者向けは難しかった)

そのため、今回はXserver VPSに対応したMODとプラグインサーバーの立て方を紹介しました。少しでも初心者の方に参考になれば幸いです。

それぞれ2記事に分けた方が見やすいかと思いましたが、前半は全く同じ操作なので1記事にまとめさせていただきました。今後見づらいなどの意見が出れば、別々の記事で投稿し直したいと思います。

揚げたてのポテト

それでは、MODサーバーやプラグインサーバーでマルチプレイを楽しんでください!

揚げたてのポテト

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回の記事でお会いしましょう!

4.6 7 総投票数
\ この記事を評価 /
【第1弾】当サイトに対するアンケートにご協力ください。(30秒程度)

    当サイトをより良くするためにアンケートにご協力ください。(30秒程度)

    性別必須

    年代必須

    どの機種から見ていますか?必須

    当サイトをどこで知りましたか?必須

    どのSNSで知りましたか?

    当サイトの公式Twitterを知っていますか?必須
    ※当サイトの新着記事やお知らせなどをいち早く知ることができます。

    フォローしてない理由があれば教えてください。

    当サイトの印象はどれに当てはまりますか?(複数回答可)必須

    分かりにくい・読みにくい・その他と回答した理由を教えてください。

    当サイトは表示速度はいかがですか?必須

    当サイトに対する満足度を10段階で評価してください。必須
    ※数字が大きいほど満足度がある評価です。

    最後に当サイトに対する改善点や感想、こんな記事が欲しいなどの要望があれば教えてください。

    \当サイトがおすすめしたいマイクラのレンタルサーバー/

    \当サイトがおすすめしたいマイクラのレンタルサーバー/

    スクロールできます
    レンタルサーバー特徴

    ConoHa VPS
    バニラ/MOD/プラグイン
    高性能で安定したサーバーを提供
    バニラサーバーが自動構築だから初心者でもすぐ遊べる
    初回利用は800円クーポンが貰える
    3ヶ月以上利用する方はVPS割引きっぷの料金がおトク

    Xserver VPS
    バニラ/MOD/プラグイン
    バニラサーバーが自動構築だからすぐ遊べる
    圧倒的低価格で高性能&高速回線サーバーを提供
    特に12ヶ月以上の料金がおトク
    マイクラサーバーの設定が初心者でも分かりやすい

    Agames
    バニラ/MOD/プラグインサーバーが自動構築
    学生向けの割引で月額料金から15%~25%割引
    新しくEpycプランが登場!
    マイクラサーバーに詳しいサポーターが充実してる

    レンタルサーバーはこんな人におすすめ!

    「パソコンの性能(スペック)が足りない」

    「ポート開放が上手くできない」

    「難しくてよく分からない」

    揚げたてのポテト

    当サイトでは、上記のレンタルサーバーを徹底解説しているので初めての方でも分かりやすいと好評です!

    ブログランキングに参戦中です!
    1日1回応援よろしくお願いします!

    「応援する」とカウントされ、ブログランキング上位の道に繋がります。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    4.6 7 総投票数
    \ この記事を評価 /
    コメントの通知(テスト版)
    受け取る通知
    guest
    24 件のコメント
    インラインフィードバック
    すべてのコメントを表示
    麦茶

    初めまして。
    現在、MODサーバーの導入をしようとしていますが、わからない点があるのでお尋ねします。

    記事内7-2において、STEP2「利用規約に同意する」まで進むことができていますが、STEP3のところで、エラーが出てしまいます。
    具体的には、添付画像のようなものです。

    実は既に、ポート番号の被りが原因では、とのご指摘もいただき、
    OS再インストールから記事の手順で進めてみましたが、エラーが出てしまいます。

    お忙しいところ大変恐縮ではございますが、解決策等わかりましたらご教示いただけますと助かります。

    エラー内容
    [15:13:45] [main/INFO] [cp.mo.mo.Launcher/MODLAUNCHER]: ModLauncher running: args [–launchTarget, forgeserver, –fml.forgeVersion, 44.1.0, –fml.mcVersion, 1.19.3, –fml.forgeGroup, net.minecraftforge, –fml.mcpVersion, 20221207.122022]
    [15:13:45] [main/INFO] [cp.mo.mo.Launcher/MODLAUNCHER]: ModLauncher 10.0.8+10.0.8+main.0ef7e830 starting: java version 17.0.5 by Private Build; OS Linux arch amd64 version 5.4.0-128-generic
    [15:13:46] [main/INFO] [mixin/]: SpongePowered MIXIN Subsystem Version=0.8.5 Source=union:/usr/games/minecraft/libraries/org/spongepowered/mixin/0.8.5/mixin-0.8.5.jar%2364!/ Service=ModLauncher Env=SERVER
    [15:13:46] [main/WARN] [ne.mi.fm.lo.mo.ModFileParser/LOADING]: Mod file /usr/games/minecraft/libraries/net/minecraftforge/fmlcore/1.19.3-44.1.0/fmlcore-1.19.3-44.1.0.jar is missing mods.toml file
    [15:13:46] [main/WARN] [ne.mi.fm.lo.mo.ModFileParser/LOADING]: Mod file /usr/games/minecraft/libraries/net/minecraftforge/javafmllanguage/1.19.3-44.1.0/javafmllanguage-1.19.3-44.1.0.jar is missing mods.toml file
    [15:13:46] [main/WARN] [ne.mi.fm.lo.mo.ModFileParser/LOADING]: Mod file /usr/games/minecraft/libraries/net/minecraftforge/lowcodelanguage/1.19.3-44.1.0/lowcodelanguage-1.19.3-44.1.0.jar is missing mods.toml file
    [15:13:46] [main/WARN] [ne.mi.fm.lo.mo.ModFileParser/LOADING]: Mod file /usr/games/minecraft/libraries/net/minecraftforge/mclanguage/1.19.3-44.1.0/mclanguage-1.19.3-44.1.0.jar is missing mods.toml file
    [15:13:46] [main/INFO] [ne.mi.fm.lo.mo.JarInJarDependencyLocator/]: No dependencies to load found. Skipping!
    [15:13:47] [main/INFO] [cp.mo.mo.LaunchServiceHandler/MODLAUNCHER]: Launching target ‘forgeserver’ with arguments []
    [15:13:52] [main/INFO] [minecraft/DataFixers]: Building unoptimized datafixer
    [15:13:53] [modloading-worker-0/INFO] [ne.mi.co.ForgeMod/FORGEMOD]: Forge mod loading, version 44.1.0, for MC 1.19.3 with MCP 20221207.122022
    [15:13:53] [modloading-worker-0/INFO] [ne.mi.co.MinecraftForge/FORGE]: MinecraftForge v44.1.0 Initialized
    [15:13:54] [Forge Version Check/INFO] [ne.mi.fm.VersionChecker/]: [forge] Starting version check at https://files.minecraftforge.net/net/minecraftforge/forge/promotions_slim.json
    [15:13:55] [Forge Version Check/INFO] [ne.mi.fm.VersionChecker/]: [forge] Found status: UP_TO_DATE Current: 44.1.0 Target: null
    [15:13:55] [main/INFO] [mojang/YggdrasilAuthenticationService]: Environment: authHost=’https://authserver.mojang.com’, accountsHost=’https://api.mojang.com’, sessionHost=’https://sessionserver.mojang.com’, servicesHost=’https://api.minecraftservices.com’, name=’PROD’
    [15:13:56] [main/WARN] [minecraft/VanillaPackResourcesBuilder]: Assets URL ‘union:/usr/games/minecraft/libraries/net/minecraft/server/1.19.3-20221207.122022/server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/assets/.mcassetsroot’ uses unexpected schema
    [15:13:56] [main/WARN] [minecraft/VanillaPackResourcesBuilder]: Assets URL ‘union:/usr/games/minecraft/libraries/net/minecraft/server/1.19.3-20221207.122022/server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/data/.mcassetsroot’ uses unexpected schema
    [15:13:58] [main/INFO] [minecraft/RecipeManager]: Loaded 7 recipes
    [15:13:58] [main/INFO] [minecraft/AdvancementList]: Loaded 1179 advancements
    [15:13:59] [Server thread/INFO] [minecraft/DedicatedServer]: Starting minecraft server version 1.19.3
    [15:13:59] [Server thread/INFO] [minecraft/DedicatedServer]: Loading properties
    [15:13:59] [Server thread/INFO] [minecraft/DedicatedServer]: Default game type: SURVIVAL
    [15:13:59] [Server thread/INFO] [minecraft/MinecraftServer]: Generating keypair
    [15:13:59] [Server thread/INFO] [minecraft/DedicatedServer]: Starting Minecraft server on *:25565
    [15:13:59] [Server thread/INFO] [minecraft/ServerConnectionListener]: Using epoll channel type
    [15:13:59] [Server thread/WARN] [minecraft/DedicatedServer]: **** FAILED TO BIND TO PORT!
    [15:13:59] [Server thread/WARN] [minecraft/DedicatedServer]: The exception was: io.netty.channel.unix.Errors$NativeIoException: bind(..) failed: Address already in use
    [15:13:59] [Server thread/WARN] [minecraft/DedicatedServer]: Perhaps a server is already running on that port?
    [15:13:59] [Server thread/ERROR] [minecraft/MinecraftServer]: Encountered an unexpected exception
    java.lang.IllegalStateException: Failed to initialize server
        at net.minecraft.server.MinecraftServer.m_130011_(MinecraftServer.java:637) ~[server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/:?] {re:classloading,pl:accesstransformer:B}
        at net.minecraft.server.MinecraftServer.m_206580_(MinecraftServer.java:251) ~[server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/:?] {re:classloading,pl:accesstransformer:B}
        at java.lang.Thread.run(Thread.java:833) ~[?:?] {}
    [15:14:00] [Server thread/FATAL] [ne.mi.co.ForgeMod/]: Preparing crash report with UUID 8eadaa93-7f78-4590-a6aa-9b3807b75e76
    [15:14:00] [Server thread/ERROR] [minecraft/MinecraftServer]: This crash report has been saved to: /usr/games/minecraft/./crash-reports/crash-2023-02-05_15.14.00-server.txt
    [15:14:00] [Server thread/INFO] [minecraft/MinecraftServer]: Stopping server
    [15:14:00] [Server thread/INFO] [minecraft/MinecraftServer]: Saving worlds
    [15:14:00] [Server thread/ERROR] [minecraft/MinecraftServer]: Exception stopping the server
    java.lang.NullPointerException: Cannot invoke “net.minecraft.server.level.ServerLevel.m_6857_()” because “serverlevel2” is null
        at net.minecraft.server.MinecraftServer.m_129885_(MinecraftServer.java:513) ~[server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/:?] {re:classloading,pl:accesstransformer:B}
        at net.minecraft.server.MinecraftServer.m_7041_(MinecraftServer.java:586) ~[server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/:?] {re:classloading,pl:accesstransformer:B}
        at net.minecraft.server.dedicated.DedicatedServer.m_7041_(DedicatedServer.java:498) ~[server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/:?] {re:classloading,pl:accesstransformer:B}
        at net.minecraft.server.MinecraftServer.m_130011_(MinecraftServer.java:692) ~[server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/:?] {re:classloading,pl:accesstransformer:B}
        at net.minecraft.server.MinecraftServer.m_206580_(MinecraftServer.java:251) ~[server-1.19.3-20221207.122022-srg.jar%23101!/:?] {re:classloading,pl:accesstransformer:B}
        at java.lang.Thread.run(Thread.java:833) ~[?:?] {}

    かたひら

    初めまして。当方、サーバーの設立等の知識が皆無なため、画像付きの記事で分かりやすく非常に助かっております。

    さて、MODサーバー導入の際に手間取っているため、可能であればお知恵をお貸しください。
    本ページの記事の7-2の作業で「Step4 Modを導入する」まで順調に進み、「step5 MODサーバーを起動する(3回目)」で、「sh run.sh」を実行しようとしたところ、「Done (XXXs)! For help, type “help”」の文言が出ず、代わりに最後に以下のような文言が表示されました。

    Exception: java.lang.OutOfMemoryError thrown from the UncaughtExceptionHandler in thread “IO-Worker-4”

    Exception: java.lang.OutOfMemoryError thrown from the UncaughtExceptionHandler in thread “Server thread”

    Exception: java.lang.OutOfMemoryError thrown from the UncaughtExceptionHandler in thread “Thread-0”

    Exception: java.lang.OutOfMemoryError thrown from the UncaughtExceptionHandler in thread “Worker-Main-2”

    その後のフローに基づき、マインクラフトのログイン処理を行ってみましたが、「サーバーへの接続が失敗しました」と表示され、ログインできませんでした。
    また、modが要因かと思い、黄昏の森のmodを削除して、再度sh run.sh」を行ってみましたが、状況は変わりませんでした。

    お忙しいところ恐縮ですが、上記の事象の要因や解決法などが分かればご教示いただけますと幸いです。
    以上、長文となり申し訳ありませんが、ご一考のほどよろしくお願いいたします。

    しふか

    初めまして。実はゲームサーバーを契約してしまい、サポートに相談したところ、
    OSの再インストールでVPSが使える(?)という返信をいただいたのでOSの再インストールを行い途中まで進めてみました。
    WindowsPowerShellを使用するところまで行ったのですがPWを入れる文章が出てこず、
    やり直してみようとssh [email protected]~を打つところからやり直してみたら

    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    @  WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!   @
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
    Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
    It is also possible that a host key has just been changed.
    The fingerprint for the ED25519 key sent by the remote host is
    SHA256:NGw5Dx9yWnLQlsIzhidNE67sGQHGeUl6/+JjCa76OHA.
    Please contact your system administrator.
    Add correct host key in C:\\Users\\shifu/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
    Offending ED25519 key in C:\\Users\\shifu/.ssh/known_hosts:1
    Host key for xxx.xx.x.xx has changed and you have requested strict checking.
    Host key verification failed.

    という警告文が出て何もわからなくなってしまいました・・・。
    (下から2行目のxxxはIPアドレスです。)
    再インストールのせいかと思い、接続許可ポートを設定して1日以上置きましたが
    やはり状況は変わらずでした。
    何か対策はありますでしょうか。
    また、バージョン1.7.10のリアルトレインmodを使用したいのですが可能なのでしょうか。
    (サポートに聞けという感じですが・・・)
    もしご教授いただけるものがございましたら何卒お教えいただければ幸いでございます。

    揚げぽてガチ恋勢

    ペーパーMCで手順通りに進めたんですが、
    sh run.shとうっても、
    **** ポートへのバインドに失敗しました。
    例外は次のとおりです。 io.netty.channel.unix.Errors$NativeIoException: bind(…)に失敗しました。アドレスはすでに使用されています
    もしかしたら、そのポートですでにサーバが動作しているのでは?
    [21:18:13 error]: おそらくそのポートでサーバーがすでに動作しているのでしょう。予期しない例外が発生しました。
    java.lang.IllegalStateException: サーバーの初期化に失敗しました
    とでてきて、サーバーが開けません。
    ちなみに、ガイザーを入れようとしています。
    たすけてください。

    あさどん

    今のUbuntu 22.04はjava 16のインストールができないようです
    minecraft 1.17をインストールしたい場合はjava17をインストールすれば行けると思います

    目次