MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【お知らせ】当サイトのデザインをリニューアルしました!詳しく

【マイクラ】複数サーバー間を移動できるサーバーの立て方【BungeeCord・Waterfall・Travertine・Velocity対応】

このページはJava Edition(Java版)向けです。

揚げたてのポテト

どうもこんにちわ、揚げたてのポテトです。

揚げたてのポテト

皆さん、海外のマルチサーバー等に参加した時に全く違うワールドに移動するのを経験したことありませんか?

ポテ子ちゃん

あるある!
あれって不思議だよね、どうやってるんだろうと気になる!

揚げたてのポテト

今回は、複数サーバー間で移動できるようになるサーバーの立て方をご紹介したいと思います!

目次

海外サーバーでこんなの見たことありませんか?

Hypixelサーバーのサーバー移動の様子

ご覧になりましたか?
これは「Multiverse-Core」等のプラグインを使ってワールド間を移動しているわけではなく、たくさんのサーバーを用意して、プレイヤーが実際に移動しているということです。

Hypixelのサーバー移動のイメージ図
揚げたてのポテト

上記の画像では、矢印は一方通行になっていますが、実際は相互に行き来できるようになっています!

このような仕組みを作っているサーバーのことをプロキシサーバーといいます。

プロキシサーバーを知ろう!

プロキシサーバーとは、接続者とサーバー本体の間に位置するサーバーのことで、接続者から受け取った情報をサーバーに受け渡すという中継サーバーの役割をします。それをプロキシと呼びます。

プロキシサーバーを通すことで、サーバー本体に不正アクセスやサーバー攻撃等を通さないようにできるのでセキュリティ面を向上させることができます。

プロキシサーバーのイメージ図

このように攻撃を受けてもダメージを受けるのはプロキシサーバーだけで、サーバー本体にはダメージを受けないため安全にサーバーを立てることができます。

要するにプロキシサーバーはサーバー本体の壁のような役割をしてくれます。

マイクラのプロキシサーバーについて

上記と同じようにマイクラサーバーにもプロキシサーバーがあります。

マイクラのプロキシサーバーを挙げるとBungeeCord・Waterfall・Travertine・Velocity等があります、その中で一番有名なのがBungeeCordですね。

BungeeCordはマイクラのプロキシサーバーの中で一番最初に出たプロキシサーバーで、他のWaterfall・Travertine・Velocity等は、BungeeCordから派生したり、新たに開発されたプロキシサーバーになります。

プロキシサーバー対応バージョン特徴
BuneeCord1.4.7~最新版元祖プロキシサーバー
Waterfall1.8~最新版BungeeCordの改良版
Forgeのサポートがある
Travertine1.7~最新版Waterfallの改良版
1.7に対応している
Velocity1.7.10~最新版上記とは異なり、独自で開発されたプロキシサーバー

他にもプロキシサーバーは存在していますが、
今回は、BungeeCord・Waterfall・Travertine・Velocityサーバーの立て方についてご紹介していきます。

バニラサーバーでプロキシサーバーに接続させたい人向けにおまけでVanillaCordサーバーの立て方もご紹介します。

ポテ子ちゃん

ところで・・・
マイクラのプロキシサーバーを使うとどんなメリットがあるの?

揚げたてのポテト

使い道は様々ですが・・・例えば、プロキシサーバーを経由することでサーバー本体のサーバーアドレス(IPアドレス)を公開する必要が無いため、安全性を高められます。

揚げたてのポテト

その他にも有名なサーバーになってくると、悪意ある者からサーバー攻撃を受けるようになり、プロキシサーバーを経由する事でサーバー本体にダメージが無くなります。(ルーターくんが安全!)

揚げたてのポテト

ただし、この場合はサーバー攻撃に耐性のあるプロキシサーバーをオススメします(レンタルサーバー等)。

ポテ子ちゃん

なるほど!安全性が高められるということね!
色々なサーバーにも繋げられるから友達同士のサーバーを繋げても良さそうだね!

マイクラのプロキシサーバーを立てよう!

まず、プロキシサーバーを立てる前に受け渡し先となるマイクラサーバーの本体を1つ用意してください。

ここで言うマイクラサーバーの本体というのは、「バニラ、Bukkit/Spigot、PaperMC、Sponge等で立てたサーバー」のことです。

揚げたてのポテト

マイクラサーバーを立てていること前提で話を進めていきます。

プロキシサーバーとマイクラサーバー本体は別々で立てるので、最低でも2台のサーバーは必要になるということです。

基本的にプロキシサーバーから接続できる受け渡し先のサーバーの本体はプラグインサーバー限定になっています。

バニラサーバーで接続したい場合は、ひと手間が必要となるので、最後の「VanillaCord編」をご覧ください。

本来、プロキシサーバーを立てるにはレンタルサーバー(VPS)などで立てることをオススメしますが、
今回は、Windowsパソコンでプロキシサーバーを立てる方法でご紹介します。Linux系OSなどでも同じように立てられると思うので、参考にしてください。

マイクラサーバー本体の準備

プロキシサーバーに接続させるためにマイクラサーバー本体にも設定が必要です。
全てのプロキシサーバーに共通するので事前に説明していきます。

【共通】server.propertiesの設定

server.propertiesを開き、「online-mode=true」という項目があるので、これを「online-mode=false」に変更します。

バニラサーバーで接続したい場合も上記の設定をしてください。

【プラグインサーバー限定】spigot.ymlの設定

spigot.ymlを開き、「bungeecord: false」という項目があるので、これを「bungeecord: true」に変更します。

これでマイクラサーバー本体の準備は完了です!

プロキシサーバーを立てる【BungeeCord編】

それでは、BuneeCordの立て方についてご紹介していきます。

プロキシサーバーを立てる【Waterfall編】

それでは、Waterfallの立て方についてご紹介していきます。

WaterfallはPaperMCが開発した、Forgeサポートとより多くの機能を備えたBungeeCordの改良版です。最近では、BungeeCordより軽量でパフォーマンスが良いとWaterfallを使う人が増えてきています。

揚げたてのポテト

私は、サーバー本体をPaperMCで立てて、プロキシサーバーはWaterfallを採用して使っています。

プロキシサーバーを立てる【Travertine編】

それでは、Travertineの立て方についてご紹介していきます。

TravertineはPaperMCが開発したWaterfallに、マイクラバージョン1.7で接続できるようにしたWaterfallの拡張版プロキシサーバーです。なので、Waterfallとほとんど機能性は変わりないです。

揚げたてのポテト

1.7に対応しなければ、通常のWaterfallをオススメします。

プロキシサーバーを立てる【Velocity編】

それでは、Velocityの立て方についてご紹介していきます。

VelocityはWaterdallやTravertineと違い、BuneeCordを改良させたプロキシサーバーでは無く、新しく開発されたプロキシサーバーです。

軽量化はもちろんのこと、拡張性や安全性に重点を置いていて、セキュリティが高いプロキシサーバーとされています。

また、Waterfallでは、Travertineを利用しないと1.7に対応していませんでしたが、Velocityのみで1.7~最新版まで対応しています。

最近では、Waterfallと同様に注目されているプロキシサーバーです。

ただ、BungeeCord系のプラグインが対応してないことがあるので移行には注意です。

バニラサーバーをプロキシサーバーに繋げる方法【VanillaCord編】

最後にバニラサーバーをプロキシサーバーに繋げる方法をご紹介します。

通常、公式のバニラサーバーだけではプロキシサーバーに繋げる機能が無いため、接続することができません。

そこで、VanillaCord.jarでビルドという作業を行うと、プロキシサーバーに接続できるjarファイル(バニラサーバー用)を生成できます。そのjarファイルでバニラサーバーを立てると、プロキシサーバーに接続できるようになります。

VanillaCordは、BuneeCordに似た名前ですがプロキシサーバーではなく、マイクラサーバー本体の役割です。

プロキシサーバー用のプラグインを使ってみよう!

プロキシサーバーでは、プラグインサーバーであるSpigotやPaperMCのプラグインとは異なる、プロキシサーバー独自のプラグインがあります。

導入方法は、プラグインサーバーと同じでプロキシサーバーのサーバーフォルダの「plugins」フォルダに入れるだけです。

プロキシサーバーに対応したプラグインを導入しなければ動作しないのでご注意ください!

プラグイン名説明
BungeeTabListPlusタブリストを自由に編集できる。
LunaChatアルファベットチャットを日本語に変換して表示する。
CleanMotDプロキシサーバーのMotdを簡単に編集できる。色文字も対応。
AddressLimit同じIPアドレスから接続可能な最大接続数を設定できる。
揚げたてのポテト

他にもたくさんのプロキシサーバー用プラグインがありますので、探して使ってみましょう!

最後に

いかがだったでしょうか。
今回、ネット上にプロキシサーバーに関するサーバーの立て方を紹介する記事があまり見当たらなかったので、記事にしてみました!

そもそもプロキシサーバーのことをあまり知らない方にも知ることができて良い機会となったのではないのかな?と思います。
マイクラサーバーは意外と奥深いですよね・・・調べれば調べるほど、色々なことが知れて勉強になりますし、楽しくなってきます!

是非、今回の記事を参考にして理想のマイクラサーバーを構築してみてはいかがでしょうか。

揚げたてのポテト

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回の記事でお会いしましょう!

5 2 総投票数
\ この記事を評価 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
5 2 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
0 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
目次
閉じる