MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【お知らせ】当サイトのデザインをリニューアルしました!詳しく

【最新版対応】マイクラサーバーの立て方【Bukkit/Spigot 編】

このページはJava Edition(Java版)向けです。

揚げたてのポテト

どうもこんにちわ、揚げたてのポテトです。
今回はBukkit/Spigot 編です。

揚げたてのポテト

以前、マインクラフトサーバーのバニラサーバー(公式サーバー jar編)の立て方について紹介したと思います。

揚げたてのポテト

今回はプラグインを導入出来るサーバー(Craftbukkit/Spigotサーバー)の立て方を紹介していきます。。

目次

はじめに

Plugin(プラグイン)をサーバーに導入すると色々な要素を追加することが出来ます。

特徴として、サーバーにPluginを導入するだけで参加者は事前の準備が必要無く、要素を楽しめます。

例えば、サーバーにログインすると「○○さんこんにちわ」と挨拶されたり、階段に椅子の様に座れるといった要素です。

サーバー起動の準備

今回はマインクラフトバージョン1.16.2 Spigotサーバーを例として進めていきます。
※他のバージョンでも手順は同じなので問題ありません。

Craftbukkit/Spigotサーバーを手に入れる

まず、CraftbukkitとSpigotの違いについて簡単にご説明します。

どちらもプラグインサーバーであることは変わりませんが、最初に配布されたのがCraftbukkitであり、SpigotはCraftbukkitを改良し軽量化されたサーバーです。

当初のCraftbukkitでは、バグが多かったのとサーバーに負荷が掛かってしまうことでパフォーマンス的にあまり良くありませんでした。そんな中、Spigotが登場して一気に利用する人が増えました。

Spigotでは、Craftbukkitでは出来なかった細かい設定もすることも可能です!

揚げたてのポテト

オススメはSpigotサーバーになります!

通常、Craftbukkit/Spigotサーバーを手に入れるにはビルドと呼ばれる作業をしなければ手に入りません。しかし、多少知識が無いと大半はビルドすることは難しいと聞きます。

揚げたてのポテト

私は手順さえ、覚えてしまえば簡単だと思っています。

ビルドに成功した方は先に進んでください。

ですが、ビルドをしなくても手に入る方法もあります。
(既にビルド済の Craftbukkit/Spigotをダウンロードできる)

非公式サイトなので最新版では無く、不具合が出る可能性があります(推奨はしません)。

サーバーをどちらか1つ選び、ダウンロードしてください。

ダウンロードが終わったら、
新しくプラグインサーバー用のフォルダを作成し、入手したCraftbukkt-1.16.2.jarまたはSpigot-1.16.2.jarを入れてください。

公式サーバー jar起動編の紹介記事ではこれでjarをダブルクリックするとサーバーが起動されましたがプラグインサーバーでは起動できません。

ではどうやって起動するか?

プラグインサーバーを起動するにはバッチファイル(batファイル)と呼ばれるモノを作成しなければなりません。

バッチファイルの作成方法

フォルダ作成したプラグインサーバーで、「右クリック→新規作成→テキストドキュメント」の順にクリックします(メモ帳を開く)。

メモ帳の名前は何でもいいですが、今回は起動用にしておきます。

テキストドキュメントを開き、下記の文字列をコピペしてください。

コード

@echo off
java -Xms1G -Xmx1G -jar spigot-1.16.2.jar nogui
pause

赤文字にはダウンロードしたjarと同じ名前にしてください。

テキストドキュメントを保存する際に
名前を付けて保存→ファイルの種類をすべてのファイル→起動用.bat
で保存してください。

これでバッチファイルの作成は完了です。
※メモ帳の起動用はもう必要ありませんので削除してください。

ここまでできるとこのようなフォルダになると思います。

きちんとテキストドキュメントバッチファイルのアイコンに変わっていますか?もし出来てなかった場合、もう1度作成からやり直してください。

バッチファイルからサーバーを起動する

起動用.batをダブルクリックで1回起動してください。

ダブルクリックすると見慣れない黒い画面が出てくると思いますが驚かないでください。これがサーバー管理画面(コンソール画面)になります。

おそらく、1回目の起動ではサーバーが止まっていると思います。
原因は赤線の英文で「サーバーの同意書(EULA)に承諾されていません」と言われているからです。

それでは、EULAに同意しましょう。

プラグインサーバーのフォルダにファイルが3つ増えていると思います。
その中のeula.txtを開いてください。

一番下の行に「eula=false」と記載されていると思うので「eula=true」に書き換えて上書き保存してください。
※trueにすることで同意したという意味になります。

これで再度、起動用.batをダブルクリックすると正常に起動されます。
プラグインサーバーのフォルダに色々なファイルが生成されると思います。

これでプラグインサーバーを立てる準備が整いました。

プラグインを導入してプラグインサーバーを起動してみよう

試しに先ほど例に出した、階段に座れるプラグインを入れてみます。

ダウンロードしたプラグインをフォルダの「plugins」に入れてください。
※プラグインは全て「plugins」に入れる必要があります。

お疲れ様です、これで導入完了です。

次にプラグインサーバーを起動しよう!

pl」コマンドで正常に導入できているか確認してください。
導入したプラグイン名があれば導入に成功しています。

プラグイン名が無かったり、プラグイン名があるけど赤くなっていた場合は「前提プラグインが無い」もしくは「プラグイン自体にエラーがある」もしくは「サーバーのバージョンに対応していない」です。

プラグインを導入するときはきちんとサーバーに対応しているか確認してから導入しましょう。

他のプラグイン紹介を見る

ポート開放のやり方

次に遊ぶ側の人がサーバーに参加してもらう為の説明をします。
今のままだとサーバーを立てることは可能だが参加する事ができません。

ここでは詳しくは説明しませんが、簡単に言うとサーバーが家だとすると、家の玄関のカギを開けることです。
家のカギを開けないと人は入れませんよね、そんな感じです。

ポート開放の方法

よく使われるポート開放ツールは2種類あります。
パソコン環境によって使えたり使えなかったりするそうです。

今回はどちらも紹介しますが、使いやすい方でいいと思います。
私のオススメは2つ目のUPnPCJですね。

最後に

いかがでしょうか、バッチファイルを作成して起動で苦戦してる人もいるでしょう。

最初は私もそうでした、解決策は必ずあるので色々なサイトを巡って諦めずに頑張りましょう!

以上でBukkit/Spigot 編の立て方を終わります。

お疲れ様でした、最後まで見てくれてありがとうございました。

4.3 9 総投票数
\ この記事を評価 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
4.3 9 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
42 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
らま
らま
2021年4月7日 16:30

バージョンに合ったpluginを入れているのですが反応しません。サーバーは入れました

mac勢
mac勢
2021年4月5日 18:57

mac 簡単だった

ああぱ
ああぱ
2021年3月13日 16:48

game mode=creative にしてもデフォルトゲームモードがサバイバルのままです。
コマンドや設定からいじろうとしてもサバイバルで固定されているようで…今回作ったサーバーファイルの中にデフォルトゲームモードを変更できる箇所はありますか?

蛇神@レミフラ
蛇神@レミフラ
2021年2月13日 15:59

pluginsフォルダは自分で作成しないとダメな感じですか?

2021-02-13.png
Admiral.K
Admiral.K
2021年2月5日 12:23

起動用.batを作成して、起動すると、
コマプロにError:Unable to access jarfile spigot-1.16.2.jar
続行するには何かキーを押してください. . .と表示されて、
キーを押すと、コマンドプロンプトが消え、それから何も起きませんでした。
どうしてら良いのでしょうか。

目次
閉じる