MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【新着記事】月額485円からマイクラサーバーを立てるレンタルサーバーを紹介します!詳しく

【マイクラ】MODとプラグインを入れられるマイクラサーバーの立て方【Mohist 編】

このページはJava Edition(Java版)向けです。

揚げたてのポテト

どうもこんにちわ、揚げたてのポテトです。

揚げたてのポテト

今回の記事は、当サイトの読者さんからの要望でMODとプラグインを導入できるサーバー「Mohist」の記事を書いてほしい!ということなので紹介したいと思います!

揚げたてのポテト

全ての要望に応えられるわけではないですが、こんな記事が欲しい!というのを教えてもらえれば書きますよ~

【月額485円~】格安マイクラサーバーを立てるなら「Agames.jp」がおすすめ!
24時間快適なMODサーバーを立てるなら「ConoHa VPS」がおすすめ!

\今なら700円クーポンを使って無料で試せます!/

ConoHa VPSとは初期費用なし、最低利用期間なし、高性能VPS(超高速SSD、最新CPU搭載)なので、快適な24時間サーバーでいつでも友達とマルチプレイが楽しめます。

\バナーから申し込むと「プレミアムな夏キャンペーン」も対象で『ダブルでお得』/

プレミアムな夏キャンペーンとは、期間中に6ヶ月以上のVPS割引きっぷが通常価格よりもおトクに購入でき、通常料金から最大25%OFF、月額530円~ご利用できます。(2021年9月30日(木)18時まで)

目次

はじめに

MOD?プラグイン?ってなに??って方は別記事で説明しているのでご覧ください。

Mohistとは

通常、MODやプラグインのサーバーを立てるには、MODサーバーやプラグインサーバーといったそれぞれのサーバーを立てる方法しかありません。

なぜなら、MODサーバーにはプラグインを入れられず、プラグインサーバーにはMODを入れられないからです。

そんな時はMohistでサーバーを作成するとMODとプラグインのどちらも入れることができます。

対応バージョン

Mohistの対応バージョンは、1.7.10/1.12.2/1.16.5の3つになります。

1.7.10は既に開発(更新)が停止されているバージョンでダウンロードはできます。

揚げたてのポテト

最新版の1.17については現在開発中とのことで、まもなく公開されるという情報もあります。

MODとプラグインについて

MohistではMODはForge、プラグインはPaperMCを参考に作られているため、かなり最適化されていて軽いです!

今回はMohistサーバーの立て方についてご紹介しようと思います!

サーバーに必要な準備

サーバーを立てるにはある程度のパソコン性能(スペック)が必要になってきます。ここでは詳しい説明は省きますが、今、マインクラフトを遊ぶだけでもカクカクな人は難しいかもしれません。

  • パソコン(最低メモリ4GB、推奨メモリ8GB以上)
  • Java8またはJava11、Java16
    (バージョン1.12.2はJava8対応、1.16.5はJava11かJava16対応)
  • Mohist
  • 導入したいMOD
  • 導入したいプラグイン

今回は有名な黄昏の森(The Twilight Forest)MODを例に立てていこうと思います!

プラグインは後ほど導入していきます。

他のMODでも同じ手順で進めると出来ると思います!

Mohistのダウンロード

Mohistをダウンロードする前にMODとプラグインには対応バージョンがあります。ダウンロードしたいMODやプラグインのバージョンを確認した上で、Mohistをダウンロードしてください。

それでは以下のリンクからMohistをダウンロードしましょう。

Mohistのサイトを開くとこのように表示されると思います。

#数字の大きい数が最新版になるので、基本的には最新版をダウンロードしましょう。

これでMohistのダウンロードは完了です。

分かりやすく「Mohistサーバー」フォルダを新しく作成し、その中にダウンロードしたMohist.jarを入れましょう。

サーバーの作成

それではサーバーを起動するためにバッチファイルを作成します。

フォルダ内で右クリックして「新規作成」⇒「メモ帳(テキストドキュメント)」を開きます。

※今回はメモ帳の名前を「起動用」にしています。

作成したメモ帳(起動用)を開き、ダウンロードしたMohist.jarを起動させるためのコードを記述します。

コード

@echo off
java -Xmx1024M -Xms1024M -jar mohist-1.16.5.jar nogui
pause

記述するときに赤文字部分をダウンロードしたMohistの名前に合わせて変更してください!

入力することが出来たら左上の「ファイル」⇒「名前を付けて保存」

画像の①~③に合わせて変更してから保存してください。

するとこのように、起動用ファイルが2つ存在していると思います。初めに作成した起動用.txtはもう使わないので削除しても問題ないです。

揚げたてのポテト

これでサーバーの作成は完了です!もう少しなので頑張りましょう!

サーバーの起動

サーバーを起動するには作成した起動用.batをダブルクリックすると起動できます!

初回起動は色々とダウンロードがあるため、時間が掛かります。

初回起動に限り、途中で赤線の部分で止まると思います。

赤線の翻訳

サーバーを起動するには、eulaに同意する必要があります。「true」と入力して続行します。

と言われているため、「true」を実行して、eulaに同意しましょう!

eulaとは、簡単に説明するとマイクラの利用規約のことです。falseを実行すると同意できないということなのでサーバーが閉じます。

その後、ワールドの生成が始まり、「Done! For help,type “help”」という表示が出たらサーバー起動完了です。

サーバーを閉じるにはサーバー画面の左下で「stop」と打つとサーバーが閉じます。(サーバーを起動している間は×で終了させるのはデータ消失の危険があるので止めてください!)

お疲れさまでした、これでMohistサーバーの立てる準備は完了しました!

MOD、プラグインを導入してサーバーに入ろう

正常にサーバー起動することが確認できたので、

冒頭で言った通り、黄昏の森(The Twilight Forest)のMODを導入しようと思います。

プラグインはMOD導入して正常に起動できるのを確認してから入れていきます。

MODは全てサーバーに導入できるわけではありません。
まず、MODの種類には2種類あり、サーバーMODとクライアントMODに分かれています。サーバーMODはクライアントとサーバーに対応したMODで、クライアントMODはサーバーには対応しておらずクライアントのみ導入できるMODです。

そのため、サーバーに対応していないMODを導入してしまうと、サーバーが正常に起動しない場合があるのでご注意ください。

クライアントとサーバー対応MOD
クライアントのみ対応MOD
  • 黄昏の森(The Twilight Forest)
  • 乗り物系MOD
  • ダンジョン、モブ追加系MOD
  • Optifine
  • CutAll
  • MiniMap
  • TooManyItems
  • ステータス表示系MOD
  • 日本語MOD
  • 影MOD(シェーダー)

上記の他にも対応しているMODとしてないMODがあるので、分からない時はネット検索をすると対応有無が書かれているので参考にしましょう。

揚げたてのポテト

普段、MODで遊ぶことがないのであまり挙げられなかったです笑

次に、MODのダウンロードが完了したら次はMohistサーバーにMODを導入します。

ダウンロードしたMODはMohistサーバー内のmodsフォルダに入れてください。

これでMohistサーバーにMODの導入が完了しました!基本的にMOD導入はダウンロードして入れるだけなので簡単ですね!

サーバーに接続する

MODを導入したサーバーを起動用.batで起動しましょう!

サーバーに接続する際はクライアント(接続する人)も同じMODを導入している必要があります。

※既にクライアントに同じMODを導入していることを前提で進めていきます。

マルチプレイ→ダイレクト接続→サーバーアドレス「localhost」でサーバーを立てた人はこれで接続出来ると思います!

他の参加者はこちらからグローバルIPアドレスを教えてあげる必要があります。

それでは、サーバーに接続してみましょう!

揚げたてのポテト

おぉ~~入れた!!

揚げたてのポテト

ゲート作れた!これであの黄昏の森に入れる!!

揚げたてのポテト

入れた~~~!!これがあの黄昏の森か~~!

揚げたてのポテト

次にプラグインを導入してみよう

プラグインを導入しよう

MODの世界が正常に生成されたことを確認できたので、「stop」コマンドでサーバーを閉じます。

次は、プラグインを導入して、MODの世界でプラグインが使えるか確認していきます。

今回は、階段ブロックに座れるプラグイン(Gsit)を導入してみます。

ダウンロードしたプラグインはMohistサーバー内のpluginsフォルダに入れてください。

これでプラグインの導入は完了です!

あとはサーバーをもう一度起動して、正常に導入できているか確認しましょう!

揚げたてのポテト

はい!MODの世界で階段ブロックに座ることができました!

揚げたてのポテト

MOD+プラグインで更に面白い世界が作れそうですね!

他の人を参加させるにはポート開放が必要!

このままだとサーバーを立てることは出来ても、他の人がサーバーに参加することができません!
次は、遊ぶ側の人がサーバーに参加してもらうためにポート開放をする必要があります。

ポート開放とは簡単に言うとサーバーが家だとすると、ポート開放は家の玄関のカギを開けることです。

揚げたてのポテト

家のカギを開けないと人は入れませんよね、そんなイメージです。

ということで、ポート開放をするには無料で使える「ポート開放ツール」をダウンロードして、ポート開放をしましょう。

ポート開放の方法

よく使われるポート開放ツールは2種類あり、パソコン環境によって使えたり使えなかったりするそうです。

今回はどちらも紹介しますが、使いやすい方でいいと思います。
私のオススメは2つ目のUPnPCJですね。(ポート開放を失敗した時に原因を表示してくれる)

最後に

いかがだったでしょうか?今までもMODとプラグインを入れられるサーバーは存在はしていましたが、対応バージョンが1.12.2で止まっていました。

しかし、Mohistと使うことで1.16.5のMODとプラグインをマルチサーバーで遊ぶことができるようになります。

ForgeMODサーバーと違って、サーバー作成も簡単なのでMODだけで遊びたい方にもオススメです!

揚げたてのポテト

それではMODとプラグインを併せた新しい世界を楽しんでください!

揚げたてのポテト

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回の記事でお会いしましょう!

5 1 総投票数
\ この記事を評価 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
5 1 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
3 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
KOUSPEX

このサーバーをプロキシサーバーに接続させることはできますか?

目次
閉じる