MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【おすすめ記事】マイクラサーバーを立てるならConoHa VPS!【MOD/プラグイン対応】

【初心者向け】ConoHaで超簡単にMODサーバーの立て方【Forge/Fabric対応】

当記事はJava Edition(Java版)向けです。

2022年6月5日より更に簡単に立てられる方法を見つけたので当記事の内容を更新しました!(わーい)

揚げたてのポテト

先日、「ConoHa VPS」の自動構築機能を使ったマイクラサーバーの立て方を紹介しました。

揚げたてのポテト

その時にも話しましたが、自動構築機能は「バニラサーバーを立てる目的の機能」であって、MODサーバーやプラグインサーバーを立てることはできませんでした。

ポテコちゃん

うんうん、言ってたね!

揚げたてのポテト

今回は、自動構築機能は使わずに、「ConoHa VPS」でMODサーバーの立て方を分かりやすく紹介したいと思います。

当記事から分かること
  • MODサーバーについて
  • ConoHa VPSについて
  • アカウント登録方法
  • サーバー作成、MOD導入、ログイン方法
揚げたてのポテト

初めての方にも分かりやすいように書いています!

当記事はMODサーバー限定で対応しており、バニラやプラグインサーバーには未対応です

目次

MODサーバーとは

MOD(モッド)とは、簡単に説明すると通常のマインクラフトに新たにモブやモンスターを追加したり、RPGみたいなゲームのような大幅なシステム変更ができるようになるモノです。

MODで遊ぶときは、基本、シングルプレイで遊ぶことが主だと思います。ですが、シングルプレイだけではなくマルチプレイで遊ぶこともできます。

MODサーバーという家に、参加する人も同じMODを用意して家に入ると、一緒に遊ぶことができます。

ハロウィンに見立てたイメージ図
揚げたてのポテト

簡単に説明しましたが、これがMODサーバーだと思っています。

その中で、MODサーバーに限らないのですが、マイクラサーバーを立てるには、ある程度のパソコン性能(スペック)が必要になり、自宅パソコンでは性能や環境不足などで立てられないことが多くあります。

  • パソコン性能(スペック)が足りない
  • 通信速度(回線速度)が遅くてラグい
  • マイクラサーバーの立て方が難しくて分からない
  • ポート開放ができない
揚げたてのポテト

サーバーを立てたいけれど、色々な理由で立てられない方がいますね・・・。

そんな方は「ConoHa VPS」でMODサーバーを立てるのがオススメ!

ConoHa VPSとは

ポテコちゃん

ConoHa VPS…?聞いたことないなぁ。
ポテトくん詳しく教えてほしいな!

揚げたてのポテト

マイクラのレンタルサーバーではかなり有名ですよ!
そうですね、初めての方にも分かるように説明しましょう。

ConoHa VPSは初期費用なし、月額682円から利用できるレンタルサーバーです。

豊富なテンプレートと高速SSDによって、たったの25秒で「今すぐ使える」サーバーが作れます。

VPSについて

VPS(Virtual Private Server)とは、日本語で「仮想専用サーバー」のこと。
物理サーバーに仮想空間を用意することで仮想上に複数のサーバー(仮想サーバー)を作成できる技術。

VPSは、仮想上に異なるOSやメモリ、CPU等を自由に構築できます。

基本的にVPSは個人で用意することは少なく、ConoHaのような企業が用意しサービスとして提供しているところがほとんどです。

ポテコちゃん

ふむふm…( ˘ω˘)スヤァ

揚げたてのポテト

ま、まぁ、VPSに関してはConoHa側でやってもらえるので、
なんとなくの理解で大丈夫です笑

ConoHa(コノハ)について

ConoHaは日本で運用されているレンタルサーバー企業の1つで、親会社はインターネット事業を展開しているGMOです。

揚げたてのポテト

聞いたことない方もいるかもしれませんが、
実はGMOはインターネット事業の中でかなり大手で知名度もあるため、信頼性があります。

そんな大手GMOが運営するConoHaでは3つのサービスを提供しています。

サービス名種 類主な用途
ConoHa WING共用レンタルサーバーWebサーバー等
ConoHa VPSVPSマイクラサーバー等
ConoHa for Windows ServerVPS(Windows Server)Office(Word、Excel等)を使いたい人等

ConoHaは数あるレンタルサーバー企業の中で高性能でありながら、低価格でサービスを提供していて初心者でも簡単に利用できる点がとても魅力的です。

ConoHaでは、マイクラサーバーの「自動構築機能」というサービスがありますが、これはバニラサーバー限定なので、MODサーバーでは、通常のVPSでマイクラサーバーを構築する必要があります。

そうなると、マイクラサーバーに必要な初期設定(コマンドを打ち込む)を自分で設定する必要があり、VPSに慣れていない人は途中で投げ出したくなるほど難しいです。

揚げたてのポテト

私も初めて通常のVPSを使ってみた時はマイクラサーバーを立ち上げるだけで、1日消費するほど難しかったです。(Google先生と一緒に頑張りました笑)

でも安心してください!

そんな難しい操作も当記事では、初めての方でも簡単にサーバー構築できるように、分かりやすい方法で説明していきます。

VPSを初めて触る方でも打ち込むコマンドを少なく、簡単にMODサーバーを立てられるようになります。

バニラやプラグインサーバーを立てたい方は以下の記事をご覧ください。

気になるConoHa VPSの料金プランについて

ConoHa VPSでは5つのプランに分かれていますが、その中のオススメ3つをピックアップします。

2GBプラン
1,848円/月
3.3円/時
推奨参加人数
4人以下
初期費用
無料
CPU
3コア
SSD
100GB
備考
少人数であれば快適に遊べる
4GBプラン
3,608円/月
6.6円/時
推奨参加人数
5~10人
初期費用
無料
CPU
4コア
SSD
100GB
備考
15人前後で快適に遊べる
8GBプラン
7,348円/月
13.2円/時
推奨参加人数
11人以上
初期費用
無料
CPU
6コア
SSD
100GB
備考
20人前後でも快適に遊べる
ポテコちゃん

他のVPS企業と比べても安い!!しかも高性能ってスゴイ!

揚げたてのポテト

知り合いと遊ぶだけ(4人前後)であれば、おすすめは2GBプランです!

揚げたてのポテト

でもMODになると負荷が掛かるため、必要なサーバー性能が上がります。そのため、快適に遊ぶなら4GBプラン以上をおすすめします!

1GBプランか2GBプランか迷っている人に聞いてほしい!

揚げたてのポテト

これは実体験なのですが、2人~4人で遊べるサーバーを作ろうと、安く済ませるために「1GBプラン」でサーバーを作成しました。

揚げたてのポテト

ちゃんとサーバーを立てられて4人まで入れたのですが、動こうとするとカックカク過ぎて、快適に遊ぶことができませんでした!

なので…1GBプラン、2GBプランでも遊べますが、MODで快適に遊びたい場合は4GBプランをオススメします!!

それでもお金に余裕が無い方は、まず1GBプランまたは2GBプランにしてみて、お金が貯まったらあとで4GBプランに変更することもできます。

ConoHa VPSは時間課金制を導入しています。

時間課金制とは、契約開始時から時間計算が始まり、月の途中で解約(サーバー削除)してもその時点の利用料金が請求されます。

ポテコちゃん

3日間だけ大人数で遊びたいな・・・

揚げたてのポテト

そんな時は4GBプランを契約して3日後に解約すれば、6.6円×24時間×3日=475.2円の請求だけになります!
(7日間でも6.6円×24時間×7日=1,108.8円)

ポテコちゃん

なるほど・・・こんな使い方も出来ちゃうんだね!

\【最大25%OFF】今なら「梅雨トクキャンペーン」を実施中!【期間限定】/

梅雨トクキャンペーンとは、期間中の12ヶ月以上のVPS割引きっぷが対象!通常料金から最大25%OFF、月額536円~ご利用できます。なかでも4GBと8GBプランの割引率が高くおすすめです!(2022年7月4日(月)12時まで)

ConoHa VPSのアカウントを作成する

ConoHa VPSを利用するには最初にConoHaアカウントを作成する必要があるので、アカウント作成方法を説明します。

ConoHaアカウントの作成

既にConoHaアカウントを持っている方は飛ばしてもらって構いません。

ConoHa VPSサイトより「今すぐクーポンをもらう」をクリックするとお申し込みができます。

ConoHaアカウントを持っていない方はアカウント作成が先になります。

揚げたてのポテト

今なら当サイトからお申し込みをすると、お得な特典がもらえます!

揚げたてのポテト

上記のボタンからConoHaアカウントを作成し、プランを契約するとお得な「700円分クーポン」が付与されます。(契約時に自動付与)
この機会に是非ご活用ください!

ポテコちゃん

なんだって~!?めちゃくちゃおトクじゃん!

アカウント情報の入力

アカウント作成も簡単で、必要項目を入力するだけでアカウントを作成できます。

入力された情報は公開されることがないため、正しい情報を入力しましょう。
トラブルがあった際に間違った情報だと対応してもらえない場合があります!

ConoHaのパスワードは、セキュリティ強化のため
英大文字と英小文字、数字を最低1文字以上を入れる必要があるのでご注意ください!

パスワードは重要になるので、しっかりとしたパスワードを入力しましょう。

今後、ConoHaにログインするにはメールアドレスとパスワードが必要になるので、アカウント作成時にメモすることをオススメします!

電話/SMS認証の確認

アカウント情報を入力して「次へ」をクリックすると次は本人認証が必要となります。

電話番号を入力してメッセージ(SMS認証)もしくは電話音声(電話認証)を選択します。

認証種類対応機器備 考
メッセージ(SMS認証)ガラケーorスマホorタブレット等(固定電話不可)簡単でスグできる
電話音声(電話認証)ガラケーorスマホorタブレット等(固定電話可)電話に出ないといけない
揚げたてのポテト

オススメはSMS認証です!

電話番号を入力して「SMS認証」をすると、スマホ等のメッセージに認証コードが届くので認証コードを入力して「送信」をクリックしてください。

お支払い方法の入力

本人認証が完了すると、事前にお支払い情報を入力する必要があります。

お支払い方法は様々対応しているので、クレジットカードをお持ちではない方でも利用できます!

お支払方法は大きく分けて3つあり、クレジットカード・ConoHaチャージ・ConoHaカードです。

クレジットカードを登録しておくと、翌月から自動引き落としになるので払い忘れが無くなるのでオススメですが、中にはクレジットカードをお持ちになってない方もいると思います。

揚げたてのポテト

そんな方は、ConoHaチャージまたはConoHaカードをオススメします!

ConoHaチャージ対応
お支払い方法
ConoHaカード対応
お支払い方法
  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • コンビニ決済
  • 銀行決済(ペイジー対応)
  • PayPal
  • Alipay
  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 銀行決済(ペイジー対応)
  • Amazon.co.jpから購入
ConoHaチャージ

入金した金額分のみサービスのご利用が可能となる、前払いタイプのお支払い方法です。

クレジットカードの他に様々な支払方法に対応しています。

ConoHaカード

ConoHa VPSに「クーポン」として登録ができるプリペイドカードです。

Amazonギフトカードのように登録したい金額分のConoHaカードを購入して、番号を登録するだけでお金をチャージすることができます。

また、学生や教職員の方向けに学割も対応していて、学割を使うと10%OFFになりおトクです!

揚げたてのポテト

お支払い情報まで入力が完了するとアカウント作成完了です!

ポテコちゃん

特に問題なく、アカウント作成できたよー!

サーバープランを選択する

ココを間違えるとMODサーバーを立てられなくなるので飛ばさずにしっかり読みましょう!

次に、マイクラサーバーの性能(スペック)となるサーバープランを選択します。

マイクラサーバーの参加人数に応じて、サーバープランを選択してください。

STEP
リージョン「東京」を選択

サーバーをどこに置くか決められます。

東京とシンガポールでは、東京の方がマイクラサーバーに最適なので、「東京」を選択します。

STEP
サービス「VPS」または「Minecraft」を選択

サービス「VPS」と「Minecraft」のどちらを選択してもMODサーバーを立てられるのでどちらでも問題ありません。

揚げたてのポテト

当記事では、「VPS」を選択していきます。

STEP
VPS割引きっぷを「利用する/しない」を選択

VPS割引きっぷとは3ヵ月以上まとめて購入すると、ひと月あたりの割引率がアップします。
詳しくは以下の表を参考にしてください。

1~2か月だけ利用したい方は「利用しない」を選択して、3ヵ月以上利用する方は、VPS割引きっぷを「利用する」の方がお得になりオススメです!

3ヵ月以上利用する場合は、「VPS割引きっぷ」がオススメ!
VPS割引きっぷを選択して購入すると、有効期間が長いほどひと月あたりの割引率がアップします。

スクロールできます
VPS割引きっぷ2GBプラン4GBプラン8GBプラン
1ヵ月1,848円/月
割引なし
3,608円/月
割引なし
7,348円/月
割引なし
3ヵ月1,815円/月
1%OFF
3,520円/月
2%OFF
7,260円/月
1%OFF
6ヵ月1,793円/月
2%OFF
3,465円/月
3%OFF
7,205円/月
2%OFF
12ヵ月1,565円/月
15%OFF
2,970円/月
17%OFF
6,336円/月
14%OFF
24ヵ月1,495円/月
19%OFF
2,931円/月
18%OFF
6,069円/月
17%OFF
36ヵ月1,426円/月
22%OFF
2,901円/月
19%OFF
5,802円/月
21%OFF
揚げたてのポテト

このように3か月ごとに数十円の割引が適用されます!さらに長期になればなるほど、割引も大きくなります!

\【最大25%OFF】今なら「梅雨トクキャンペーン」を実施中!【期間限定】/

梅雨トクキャンペーンとは、期間中の12ヶ月以上のVPS割引きっぷが対象!通常料金から最大25%OFF、月額536円~ご利用できます。なかでも4GBと8GBプランの割引率が高くおすすめです!(2022年7月4日(月)12時まで)

STEP
サーバーの参加人数によって「サーバープラン」を選択
2GBプラン
1,848円/月
3.3円/時
推奨参加人数
4人以下
初期費用
無料
CPU
3コア
SSD
100GB
備考
少人数であれば快適に遊べる
4GBプラン
3,608円/月
6.6円/時
推奨参加人数
5~10人
初期費用
無料
CPU
4コア
SSD
100GB
備考
15人前後で快適に遊べる
8GBプラン
7,348円/月
13.2円/時
推奨参加人数
11人以上
初期費用
無料
CPU
6コア
SSD
100GB
備考
20人前後でも快適に遊べる
揚げたてのポテト

1GBプランもありますが、快適に遊ぶことができないので2GBプランまたは4GBプラン以上をオススメします!

STEP
アプリケーション「Minecraft Java版」

サーバープランを選択できたら、

イメージタイプ「アプリケーション」を選択し、「Minecraft Java版」を選択します。

STEP
rootパスワードの設定/ネームタグの設定

rootパスワードは、サーバーを管理する時に必要になります。

英大文字、英小文字、数字、記号をそれぞれ含めて設定する必要があります。

記号「”」、「’」、「;」はrootパスワードに入れないようにしてください。

入力したrootパスワードは忘れないように必ず控えておいてください。

rootパスワードはコントロールパネル再設定することはできないのでご注意ください。

追加するVPSに任意のネームタグ(名前付け)を設定することができます。

あとで見て分かりやすい名前にしておくと良いと思います。

ネームタグはあとでコントロールパネルから変更できます。

STEP
任意でオプション設定

基本的にはデフォルトのオプションのままでもサーバーを立てられるため、特に変更する必要がありません。

強いて言えば、サーバーデータが破損したときにバックアップしていると復元できるようになるため、「自動バックアップ」を有効にしていると、いつでも安心してプレイすることができるのでオススメです。

揚げたてのポテト

その他の設定は特別な操作をしている人向けなので特に気にしなくても問題ありません。

STEP
サーバー追加

ここまでできたら、右側の「次へ」をクリックするとサーバーを追加できます。

STEP
完了

サーバー追加が完了するとこのような画面に切り替わり、ステータスが「起動中」になっています。

現時点では「バニラサーバー」が構築されている状態なので、ここから「MODサーバー」に変えていきます。

接続方法の変更について

当記事ではSSH接続を推奨していましたが、初心者の方には難しいとのことで、2021年12月4日より簡単な方法での接続方法を紹介することに記事内容を変更しました。

ConoHa VPSでMODサーバーを作成してみよう

それではConoHaでサーバー契約ができたのでこれからMODサーバーを作成していきます。

VPSを初めて触る方でも打ち込むコマンドを少なく、簡単にMODサーバーを立てられる方法を考えたので当記事ではそちらの立て方を紹介していきます!

ちなみに今回は有名な黄昏の森(The Twilight Forest)MODの1.16.5を例に立てていこうと思います!

揚げたてのポテト

他のMODやバージョンでも同じ手順で進めるとできます!

揚げたてのポテト

早ければ10分ほどで立てられます!

ForgeまたはFabricとMODを用意する

はじめに前提MODの「Forge」または「Fabric」と導入したい「MOD」を用意します。

当記事ではForgeを例にして進めていきますが、Fabricもほとんど変わらないので同じように進めてください。

ForgeとFabric両方入れることはできないので導入したいMODに対応した前提MODを入れましょう!

ForgeとMODのダウンロードが完了するとこのようなファイルになると思います。

\バージョンによってファイルが異なる/

この中の「forge-X.X.X-installer」、「installer」、「minecraft_server.X.X.X」はもう不要なので削除します。

MODサーバー作成する時に紛らわしくなるので削除することをおすすめします。

必要なソフトをパソコンにインストールする

追加したサーバーにパソコンから接続や遠隔操作するために必要なソフトの「Tera Term」と「WinSCP」をパソコンにダウンロードして、インストールしましょう。

  • Tera Termは、パソコンからサーバー等に接続して遠隔操作できるソフト
  • WinSCPは、パソコンからサーバー等に接続してファイル/フォルダを共有できるソフト

上記を開いて、「窓の社からダウンロード」をクリックするとパソコンにダウンロードできます。

Tera TermとWinSCPのダウンロードが完了したら、パソコンにインストールしてください!
以降は、Tera TermとWinSCPのインストールが完了した状態で説明していきます。

サーバー再構築する

左側のメニューの「サーバー」を選択すると、サーバーリストが表示されます。

サーバーリストに表示された「ネームタグ」を選択してコントロールパネルを開きます。

コントロールパネル(管理画面)

次に現在サーバーが起動している状態なので、「シャットダウン」を行います。

シャットダウンが完了しましたら「サーバー再構築」を選択してください。

再構築イメージ選択が表示されたら以下の通りにしてください。

  1. イメージ選択:「アプリケーション」
  2. アプリケーション:「Minecraft Java版」
  3. バージョン:「立てたいサーバーのバージョン」(今回は1.16.5にします)
  4. rootパスワード:「先程と同じrootパスワード」
  5. SSH Key:「変更しない」

選択したら「サーバー再構築」にします。

サーバー再構築するとしばらく構築されるまでに時間が掛かると思うので待ちます。

MODサーバーの作成

再構築できたらネームタグの横に数字があると思います。これが「IPアドレス」なのでメモします。

次にConoHaサーバーに先程、インストールをしてもらった「WinSCP」を使用して必要なファイルを入れていきましょう!

WinSCPの初期設定

WinSCPを起動して、左上の「新しいセッション」をクリックします。

次に、ConoHa VPSのファイルデータにログインするために必要な情報を入力していきます。

名前説明
ホスト名ConoHa VPSのIPアドレスを入力
ポート番号ここは「22」で変更しない
ユーザ名ユーザ名は「root」で入力
パスワードサーバー追加時に設定した「rootパスワード」を入力(大文字、小文字、数字、記号)

最後に「保存」して、ログインをするとConoHaサーバーのフォルダにログインすることができます。

揚げたてのポテト

よく分からない方は画像の通りに真似して手順を覚えよう!

ログイン後に警告メッセージが出た場合

もし、このようなメッセージが表示されたら「はい」を選択してください。

必要なファイルを移行

次にマイクラサーバーのフォルダを開くために、左上のrootを選択し「/<ルート>」を選択します。

ルートフォルダを開けたら、この中の「opt」フォルダを探して開きます。

optフォルダが開けたら今度は「minecraft_server」フォルダを開きます。

これでマイクラのサーバーフォルダを開くことができました。

現在、バニラのサーバーデータになっているので、赤枠の「minecraft_server.jar」を削除します。

そして、左側の「フォルダマーク」を選択し、フォルダ参照を行ってForgeやMODがあるフォルダを指定します。

Forge1.17.1からMODサーバーの立て方が若干変わったため、「1.8~1.16.5」と「1.17.1~」で立て方を分けています。対象バージョンのタブを以下より選択してご覧ください。

フォルダを開くことができたら、「libraries」と「forge-X.X.X.jar」をminecraft_serverフォルダにドラッグ&ドロップしましょう。

Fabricの場合は「fabric-server-mc.X.X.X-loader.X.X.X-launcher.X.X.X」を入れる。

最後にMODサーバーを起動させるファイルを作成していきます。

右上の「新規」→「ファイル」の順番に選択し、ファイル名を入力に「start.sh」で「OK」を選択します。

するとメモ帳が開くと思うのでこの中に以下のコードを入力するかコピペしてください。

コード

screen -AmdS mod java -server -jar forge-X.X.X.jar

赤字部分は、ForgeまたはFabricのjarファイル名に合わせて変更してください。

コード入力ができたら上書き保存して閉じて問題ありません。

今のサーバー設定を読み込むためにConoHaのコントロールパネルにて「再起動」を行います。

はい、これでMODサーバーの作成は完了です。

ポテコちゃん

えっ!もうサーバーできたの?
もっと手間が掛かるのだと思ってたよ!

揚げたてのポテト

まだ安心するのは早いです。
ここからMODサーバーを一度起動し、問題無く起動できたらMODを導入していきます!

MODサーバーを起動してみよう

ここまでお疲れ様でした。それでは、MODサーバーをきちんと起動できるか確認しましょう。

MODサーバーを起動するには、インストールしてもらったTeraTermが必要です。

TeraTermの初期設定

まず、メモ帳を開いて以下のコードをコピーしてそのまま貼り付けてください。

もしくはダウンロードできるようにしてるのでそちらをご利用ください。

; Tera Termに簡単に接続する設定

;=====================================================================

; 接続情報
HOSTADDR = '123.456.78.9'  ;ココにIPアドレスを入力
PASSWORD = 'rootパスワード'  ;ココにrootパスワードを入力

;=====================================================================

; コマンドオプション(全て変更しない)
COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user=root'
strconcat COMMAND ' /passwd='
strconcat COMMAND PASSWORD

;=====================================================================

; 接続(全て変更しない)
connect COMMAND

end
  1. 「HOSTADDR = ‘123.456.78.9’」控えていたIPアドレスを入力します。
  2. 「PASSWORD = ‘rootパスワード’」サーバー作成時に設定したrootパスワードを入力します。

IPアドレスやrootパスワードに「’あいうえお’」シングルコーテーション(半角)で挟まずにエラーで接続できない問題が多数報告されているのでご注意ください。

コードの編集ができたら、名前を付けて保存をし、
ファイル名「ConoHa.ttl」、ファイルの種類「すべてのファイル」として保存してください。

保存する場所は自分が分かる所に保存しましょう。(すぐ使います)

このようなアイコンになっていれば作成完了です。

ConoHaサーバーに接続

作成した、ConoHa.ttlをダブルクリックして起動させると、サーバーに接続出来た黒い画面(コンソール)が表示されると思います。

「セキュリティ警告」の画面がでたら、そのまま「はい」を選択します。

このような画面が表示されたら、正常にサーバーに接続することができました!

これがConoHaサーバーに接続したコンソール画面になります。ここでMODサーバーの起動や管理を行います。

STEP
MODサーバーのフォルダを開く

cd /opt/minecraft_serverコマンドを実行して、MODサーバーフォルダを開きます。

左側が「[email protected]:~ opt/minecraft_server」と変わっていれば成功です。

揚げたてのポテト

cdコマンドは指定フォルダに移動するというコマンドです。

STEP
MODサーバーをScreenで起動する

sh start.shコマンドを実行すると、MODサーバーを起動します。

Forgeバージョン1.17.1以上の場合はsh run.shコマンドで実行する。

通常、sh start.shコマンドを実行しただけだとMODサーバーは起動できますが、Tera Termを閉じたり、パソコンのネット回線が切れてしまうと、MODサーバーも閉じてしまいます。

そこで、起動コードを入力する際に「screen」という記述をしたと思うのですが、これは端末に複数の仮想ウィンドウを動作できる(バックグラウンドのような)アプリです。

Tera Termからログアウトしても、screenを閉じていなければMODサーバーは維持され、閉じません。なので、次回ログインしたときにも、screenを開くと、接続することができます。(24時間起動しままにできる)

STEP
screenを開いて、MODサーバーのコンソールを開く

screen -r modコマンドを実行して、MODサーバーのコンソールを開きます。

「Done (XXXs)! For help, type “help”」と表示されていたら問題なくMODサーバーが立てられました!

エラーメッセージが表示された場合
STEP
MODを導入する

MODを導入するためにstopコマンドを実行してMODサーバーを停止させます。

WinSCPを開いて「twilightforest-X.X.X」を「mods」フォルダに導入してください。

STEP
完了

これでMOD導入が完了しました。

TeraTermで「sh start.sh」→「screen -r mod」を起動しましょう。

実際にマイクラを起動してMODサーバーに接続してみます!

Forgeバージョン1.17.1以上の場合はsh run.shコマンドで実行する。

お疲れ様です、これでMODサーバーの作成は完了しました!

MODサーバーに接続する

それでは、マインクラフト(Java版)を立ち上げて「マルチプレイ」でサーバーに接続してみましょう!

サーバーに接続する際はクライアント(接続する人)もMODサーバーと同じMODを導入している必要があります。

※既にクライアントに同じMODを導入していることを前提で進めていきます。

MODは全てサーバーに導入できるわけではありません。
まず、MODの種類には2種類あり、サーバーMODとクライアントMODに分かれています。サーバーMODはクライアントとサーバーに対応したMODで、クライアントMODはサーバーには対応しておらずクライアントのみ導入できるMODです。

そのため、サーバーに対応していないMODを導入してしまうと、サーバーが正常に起動しない場合があるのでご注意ください。

クライアントとサーバー対応MOD
クライアントのみ対応MOD
  • 黄昏の森(The Twilight Forest)
  • 乗り物系MOD
  • ダンジョン、モブ追加系MOD
  • Optifine
  • CutAll
  • MiniMap
  • TooManyItems
  • ステータス表示系MOD
  • 日本語MOD
  • 影MOD(シェーダー)

上記の他にも対応しているMODとしてないMODがあるので、分からない時はネット検索をすると対応有無が書かれているので参考にしましょう。

「マルチプレイ」→「サーバー追加」→「サーバーアドレス」→「完了」この手順で選択します。

ConoHaのコントロールパネルにて確認した「IPアドレス(サーバーアドレス)」を入力し「完了」を選択します。

揚げたてのポテト

それではポテ子ちゃん、サーバーに接続してみましょう!

ポテコちゃん

わーい!サーバーに入れたよ~!

ポテコちゃん

黄昏の森へのゲートも作れたよ!
さて、ゲートに入ってみよう。

ポテコちゃん

入れた~~~!!これがあの黄昏の森か~~!

これでマイクラサーバーに接続することができました!

揚げたてのポテト

お疲れ様でした!
これでMODサーバーを起動させて無事、参加することもできました!

MODサーバーを閉じずにコンソール(Tera Term)の閉じ方

screenの時に説明した、MODサーバーの起動を維持したまま、Tera Termを閉じたい場合は、

コンソール画面を1回クリックして「Ctrl+A」キーを押した後に「D」キーを押すと、MODサーバーの起動を維持したまま、コンソール画面を一時的に閉じることができ、rootのコンソール画面に戻ってきたら、exitコマンドでTera Termを閉じられます。

次にTera Termを開いた時にscreen -r modコマンドを実行すると、維持されたMODサーバーのコンソールを開くこともできます。

MODサーバーを閉じるにはMODサーバーのコンソールでstopコマンドを実行して、MODサーバーを閉じることができます。(stopコマンドで閉じて、次に起動したい時は、cd /opt/minecraft_serversh start.shまたはsh run.shコマンドから起動する必要があります)

揚げたてのポテト

複数コンソールがある状態になるので最初は混乱すると思いますが、この辺りは、使い続けていくと自然と手順も覚えていくので難しく考えすぎなくて大丈夫かと思います。

揚げたてのポテト

慣れですね~、余裕が出てきたらコマンドの意味も調べてみると面白いですよ!

最後に

ConoHa VPSのMODサーバーはいかがだったでしょうか?

レンタルサーバーと聞くと難しい操作や知識が必要なイメージがあったり、MODサーバーとなると更に難しいと思いますが、この手順で行えば、誰でも簡単にマイクラサーバーを立てることができると思っています!

今まで友達や身内同士で遊びたくても遊べなかった方も低価格で24時間利用できるため、お試しで使ってみるのもアリだと思います。是非、この機会にConoHa VPSでマイクラMODサーバーを立ててみましょう!

揚げたてのポテト

最後まで読んでいただきありがとうございました!
次回の記事でお会いしましょう!

4.1 9 総投票数
\ この記事を評価 /

ブログランキングに参戦中です!
1日1回応援よろしくお願いします!

「応援する」とカウントされ、ブログランキング上位の道に繋がります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
4.1 9 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
154 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
t

RLCraftをマルチでプレイしようと思っています。

screen -r mod を入力した後に出てくるメッセージが
There are several suitable screens on:
6878.mod (02/21/2022 08:04:01 PM) (Detached)
1246/mod (02/21/2022 05:12:46 PM) (Detached)
Type “screen[-d] -r [pid.]tty.host” to resume one of them.
と表示されサーバーが起動できないです。
対処法があれば教えていただきたいです、よろしくお願いいたします。

ワカメ

コメント失礼します
1.18.1の環境でサーバーを立てようと思っているのですが、スクリーンのところで
「There is no screen to be resumed matching mod.」の記述が出てしまいます。
コンソールが開かないときの対処法のとおりに【java -version】を実行したところ
以下のような返答が得られました。
Command ‘Java’ not found, but can be installed with;

apt install default-jre
apt install openjdk-11-jre-headless
apt install openjdk-8-jre-headless
apt install openjdk-13-jre-headless
apt install openjdk-14-jre-headless

というものです。
Javaが見つからないならば、とコマンドプロンプトでJavaの確認をしたところ
java version “17.0.2” でした

他の対処法を試しても変化がなかったのですが、どうしたら良いでしょうか?

いつきさん

新しく1.18.1でサーバーを構築しようと思い最後のスクリーンの起動までは来たのですが

screen is terminating

とでて止まってしまいます。どうしたらよいでしょうか?度々すいませんがご教授お願いします。

いつきさん

はじめまして、Conohaで1.17.1でマルチMODサーバーを構築しようと思ってるのですがMODサーバーを起動する段階で cd MODサーバーを打ち込むと
-bash: cd: MODサーバー: No such file or directory
という表示が出て先に進めません。何が原因でしょうか?

hk

MODのサーバーを閉じずにTeraTermを閉じる際に「Ctrl+D」キーを押した後に、「A」キー入力してもScreenから抜けることができません。
ちなみに「A」キーを押した後「a」という文字しか出てこず何も変わらない状況です。
対応方法を教えていただきたいです。

目次
トップ
目次
閉じる