マインクラフトサーバーの立て方【Bukkit/Spigot サーバー編】

どうも、こんにちわ
揚げたてのポテトです。

今回はBukkit/Spigot サーバー編です
※独学の方法なのでその点はご了承ください。

以前にマインクラフトサーバーのバニラサーバー(公式サーバー)の立て方を紹介したと思います。
今回はプラグインを導入出来るサーバー(Craftbukkit/Spigotサーバー)の立て方を紹介していきます。

マインクラフトサーバー【公式サーバー jar起動編】はこちら

はじめに

Plugin(プラグイン)をサーバーに導入すると色々な要素を追加することが出来ます。
特徴としてサーバーにPluginを導入するだけで参加者は事前の準備が必要無く、要素を楽しめます。
例えば、サーバーにログインすると「○○さんこんにちわ」と挨拶されるような要素です。

サーバー起動の準備

※今回はマインクラフトバージョン1.11.2 Spigotサーバーを例として進めていきます

①Craftbukkit/Spigotサーバーを手に入れる。(私のオススメはSpigotサーバーです)
通常、Craftbukkit/Spigotサーバーを手に入れるにはビルドをしなければ手に入りません、しかし大半の人がビルドは難しいと聞きます。
私はやり方さえ覚えてしまえば簡単だと思っています。

ビルドのやり方→ビルドの記事はこちら

ビルドに成功した方は③まで進んでください。

②その為、今回は非公式な方法でも手に入る方法を教えます。(既にビルド済のサーバー)
デメリットがあり置いてあるサーバーが最新版では無い為、不具合が出る可能性もあります。(推奨はしません)

Craftbukkit→ダウンロード
Spigot→ダウンロード

元となるサーバーをどちらか1つ選び、ダウンロードしてください。

③Pluginサーバー用のフォルダを作成し手に入れた「Craftbukkt○○.jar」又は「Spigot○○.jar」を入れてください。
【ここで注意】公式サーバー jar起動編ではこれでjarをダブルクリックするとサーバーが起動されましたがPluginサーバーでは起動できません。

ではどうやって起動するか?

④通常、Pluginサーバーを起動するにはバッチファイルを作成しなければなりません。
バッチファイル作成方法
作成したPluginサーバーを右クリック→新規作成→テキストドキュメントの順にクリックします。
生成されたテキストドキュメントを開き、下記の文字列をコピペしてください。

@echo off
java -Xms1G -Xmx1G -jar spigot-1.11.2.jar nogui
pause

赤文字にはダウンロードしたjarと同じ名前にしてください。
【ここで注意】テキストドキュメントを保存する際に名前を付けて保存→ファイルの種類をすべてのファイル→起動.batで保存してください。

これでバッチファイルの作成は完了です。

ここまで出来るとこのような形になると思います。


きちんとテキストドキュメントがバッチファイルのアイコンに変わっていますか?
もし出来てなかった場合、作成し直してください。

⑤起動.batをダブルクリックで1度起動してください。
ダブルクリックすると黒い画面が出てくると思いますが驚かないでください、これがサーバー管理画面になります。
おそらく1回目の起動ではサーバーが止まっていると思います。
前回あったeula.txtが原因です。

するとPluginサーバーの中にファイルが3つ増えると思います。
その中のeula.txtを開いてください。
一番下の行に「eula=false」と記載されていると思うので「eula=true」に書き換えて上書き保存してください。

これで再度、起動.batをダブルクリックするとPluginサーバーフォルダに色々なファイルが作成されると思います。

これでPluginサーバーを立てる準備が整いました。
サーバー用のコマンドはこちらで確認してください

プラグインを導入してPluginサーバーを起動してみよう

試しに階段に座れるプラグインを入れてみます。

ChairsReloaded→ダウンロード

ダウンロードしたプラグインをPluginサーバーの「plugins」に入れてください。


これで導入完了です。
次にPluginサーバーを起動しよう
「pl」コマンドで正常に導入できているか確認してください。
導入したプラグイン名があれば導入に成功しています。
プラグイン名が無かったり、プラグイン名があるけど赤くなっていた場合は「前提プラグインが無い」もしくは「プラグイン自体にエラーがある」もしくは「サーバーのバージョンに対応していない」です。

プラグインを導入するときはきちんとサーバーに対応しているか確認してから導入しましょう。

最後に

いかがでしょうか、バッチファイルを作成して起動で苦戦してる人もいるでしょう。
最初は私もそうでした、解決策は必ずあるので色々なサイトを巡って諦めずに頑張りましょう!

以上でBukkit/Spigot サーバー編の立て方を終わります。
お疲れ様でした、最後まで見てくれてありがとう!