当サイトのサイト名とロゴを変更しました!(2020/3/1)

【最新版対応】新・マイクラサーバーの立て方【公式サーバー bat編】

このページはJavaEdition(Java版)向けです。

揚げたてのポテト

どうもこんにちわ、揚げたてのポテトです。
今回は公式サーバーのbat編です。
新・マインクラフトサーバーの立て方とは
2020/8/9より、もっと分かりやすく記事をリニューアルしました!
主に変わった点でいうと、今まで無かった説明を新たに追加したり、もっと細かく説明するようにしてみました!

サーバーについて

サーバーについての説明やマイクラサーバーの種類、バニラサーバーの立て方についての説明はjar起動編で説明しているので、興味ある方は下記の記事へ移動してください!

サーバーを立てるために必要なモノ

サーバーを立てるには、ある程度のパソコン性能(スペック)が必要になってきます。ここでは詳しい説明は省きますが、今、マインクラフトを遊ぶだけでもカクカクな人は難しいかもしれません

  • パソコン(最低メモリ4GB、推奨メモリ8GB以上)
  • 最新版のJava(既にインストール済でも最新版にすること)
  • マインクラフトサーバー(後ほど説明します)
  • ポート開放ツール
  • 基本的なパソコン知識

以上の5つがあれば簡単に立てられると思います!

MEMO
参考 JavaのダウンロードJava.com
注意
既にインストール済の方でも最新版をインストールしていた方が良いです。

ここからサーバーの立て方を順に追って説明します、今回はマインクラフトバージョンの1.16を例として進めていきます。

他のバージョンでも同じ手順でサーバーを立てられます!

マインクラフトサーバーを手に入れる

まず、Minecraftの公式サイトからマインクラフトサーバーをダウンロードしてください。

参考 マイクラサーバーのダウンロードminecraft.net

上記のようにminecraft_server.1.16.jar をクリックするとダウンロードができます。
※追記:現在(2020/9/11)は最新版が1.16.3になっています。

Check
ファイル名がserverとなってるので、server_1.16など分かりやすい名前を付けてから保存した方がいいです。
注意
※公式サイトからは最新バージョンのサーバーしか手に入りません。

1.15以下などの他バージョンを手に入れるには非公式サイトがオススメです。
こちらは公式ではなく非公式サイトなので予め、ご理解頂ければと思います。

参考 非公式マイクラサーバーのダウンロードmcversions.net

上記のようにDownload Server Jarをクリックするとダウンロードできます。

Check
ファイル名がserverとなってるので、server_1.16など分かりやすい名前を付けてから保存した方がいいです。

マインクラフトサーバーを立てる準備をする

minecraft_server.1.16.jarのダウンロードが終わったら分かりやすく新しいフォルダーを作成して入れてください。

次に、フォルダ内で右クリックをして「新規作成」⇒「メモ帳(テキストドキュメント)」を開きます。
※今回はメモ帳の名前を「起動用」にしています。

ここで作成したメモ帳を開き、先程ダウンロードした「server_1.16」を起動させるためのコードを入力します。

コード(GUIなし)
@echo off
java -Xmx1024M -Xms1024M -jar server_1.16.jar nogui
pause
公式jarで起動する白いコンソール画面を出す
公式jar編で白いコンソール画面(GUI)が表示されてましたね。その画面を出すコードがこちらになります。
コード(GUIあり)
@echo off
java -Xmx1024M -Xms1024M -jar server_1.16.jar
pause
※noguiを外すだけで表示できるようになります。

赤枠で囲われている部分はダウンロードしたjarの名前に合わせて変更してください!

 メモリ割り当てについて

メモリ割り当ては、サーバーに参加する人数によって変える必要があります。
例えば、参加人数が20人いるとすると、4096MB(4G)と書き換える必要があります。

コード
@echo off
java -Xmx4G -Xms4G -jar server_1.16.jar nogui
pause
MEMO
メモリの表記はMB表記でもGB表記でも可能です。G表記の方が分かりやすいのでオススメです。
メモリ(GB)メモリ(MB)参加人数
1GB1024MB約5人
2GB2048MB約10人
3GB3072MB約15人
4GB4096MB約20人
5GB5120MB約25人

※あくまで目安です。ワールドの大きさや用途によって変わってきます。

注意
お使いのパソコンが64bit版のJavaに対応していないと、5GB以上の割り当てをすることが出来ないので注意!
・32bit版は1~4GB
・64bit版は1GB~いくらでも可

ここまで、入力することが出来たら左上の「ファイル」⇒「名前を付けて保存」

画像の①~③に合わせて変更してから保存してください。

するとこのように、起動用ファイルが2つ存在するので最初に作った起動用.txtは削除して大丈夫です。

マインクラフトサーバーを起動してみる

これでbat起動の準備は終わりました、次に起動用.batを起動してみましょう!

「起動用.bat」をダブルクリックするとこのような黒い画面が表示されると思います、これがサーバー画面(コンソール画面とも呼ばれます)です。

初期起動ではまだサーバーの起動はできません。
サーバー画面には「マイクラサーバーの利用規約に同意して下さい!」という風に英語で書かれています。

なので、利用規約に同意します。(サーバー画面は閉じて大丈夫です。)

初期起動に成功すると画像の様に複数のファイルが生成されたと思います。
赤枠で囲われた「eula」がマイクラサーバーの利用規約です、こちらを開きましょう。

ちょっと小さく見ずらいですが、1行目の赤字で書かれているURLが利用規約です。
そして、最後の行にeula=falseとあるのでeula=trueに変更して「上書き保存」して下さい。
これで利用規約の同意は完了しました。

ここまで来たらあとはマイクラサーバーを起動するだけです。

新しいフォルダ内にある「起動用.bat」をダブルクリックするとサーバーが起動し、ワールドの生成が開始されます。

赤枠のような文字が表示されたらワールドの生成+サーバー起動が完了という意味です。

※サーバーを閉じるにはサーバー画面の左下で「stop」と打つとサーバーが閉じます。(サーバーを起動している間は×で終了させるのはデータ消失の危険があるので止めてください!)

ちなみにサーバー起動が完了した時点で沢山のファイルが生成されます。
お疲れ様です、これでマインクラフトサーバーを立てることが出来ました!

ポート開放のやり方

次に遊ぶ側の人がサーバーに参加してもらう為の説明をします。
今のままだとサーバーを立てることは可能だが参加する事ができません。

ここでは詳しくは説明しませんが、簡単に言うとサーバーが家だとすると、家の玄関のカギを開けることです。
家のカギを開けないと人は入れませんよね、そんな感じです。

 ポート開放の方法

よく使われるポート開放ツールは2種類あります。
パソコン環境によって使えたり使えなかったりするそうです。

今回はどちらも紹介しますが、使いやすい方でいいと思います。
私のオススメは2つ目のUPnPCJですね。

開放くんのダウンロード
参考 開放くんのダウンロードkaihoukun.html

※サイトにはWindowsXPのみ対応と書いてありますが、Windows10でも動作確認が取れているので問題無いです。

ポート番号を合わせる

ダウンロードした開放くんを起動してポート番号に「25565」、「TCP」にチェックしてポートを開くをクリック

ポート開放に成功

メッセージ欄に「ポート開放に成功しました。」と出たら参加する事が可能な状態になります。

※この方法でポート開放が出来なかった場合、もう1つのポート開放ツールを使うか、使わないのであれば必ず原因があるのでネットで調べましょう。

UPnPCJのダウンロード
参考 UPnPCJのダウンロードupnpcj

移動したサイトの【Down Load 】横のURLをクリックするとダウンロードが開始されます。

※サイトにはWindowsXPのみ対応と書いてありますが、Windows10でも動作確認が取れているので問題無いです。

ポート番号を合わせる

ダウンロードした UPnPCJ を起動してWAN_PORT(必須)に「25565」、「TCP」にチェックしてPort開放をクリック

ポート開放に成功

ポート開放に成功すると「ルーターのポートを開放しました」とのメッセージが表示されるはずです。

※ポート開放に失敗した場合、こちらのソフトでは原因を表示してくれるのでその原因をネットで調べると解決方法が載っています。

HELP!

ポート開放出来ない!!って方は別記事でまとめたマイクラサーバーの立て方に関するQ&Aを参照して下さい!

【Q&A】マイクラサーバー立て方に関する質問集
ポート開放不要でマイクラサーバーが立てられます!!
【初心者必見】ポート開放不要でマイクラサーバーを立てる方法をご紹介します!

どうしてもポート開放が出来ない方へオススメの記事です!

最後に

少し苦戦すると思いますが、bat起動は使い慣れると便利なのでマイクラサーバーを立てる上ではマスターしましょう!

以上でマインクラフトサーバーの立て方を終わります。

最後まで見てくれてありがとうございました!

この記事は参考になりましたか?

  • 参考になった! 
  • 参考にならなかった! 
5 1 総投票数
この記事の評価
guest
33 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
匿名
匿名
2020年9月17日 00:39

サーバーを建てて配布ワールドを友人とプレイしようとしたのですが友人の一人がサーバーに参加しようとするとゲームがクラッシュしてしまいます。下のものがクラッシュレポートです。どうすればいのでしょうか?
—- Minecraft Crash Report —-
// You should try our sister game, Minceraft!

Description: Ticking screen

java.lang.IndexOutOfBoundsException
at java.nio.Buffer.checkIndex(Buffer.java:540)
at java.nio.DirectIntBufferU.get(DirectIntBufferU.java:253)
at bmz.a(SourceFile:271)
at bmz.a(SourceFile:220)
at azl.a(SourceFile:1669)
at azl.a(SourceFile:1627)
at bkc.a(SourceFile:118)
at ha.a(SourceFile:70)
at ha.a(SourceFile:13)
at eg.a(SourceFile:166)
at bbp.c(SourceFile:78)
at azl.p(SourceFile:1318)
at azl.ah(SourceFile:757)
at azl.f(SourceFile:711)
at net.minecraft.client.main.Main.main(SourceFile:148)

A detailed walkthrough of the error, its code path and all known details is as follows:
—————————————————————————————

— Head —
Stacktrace:
at java.nio.Buffer.checkIndex(Buffer.java:540)
at java.nio.DirectIntBufferU.get(DirectIntBufferU.java:253)
at bmz.a(SourceFile:271)
at bmz.a(SourceFile:220)
at azl.a(SourceFile:1669)
at azl.a(SourceFile:1627)
at bkc.a(SourceFile:118)
at ha.a(SourceFile:70)
at ha.a(SourceFile:13)
at eg.a(SourceFile:166)
at bbp.c(SourceFile:78)

— Affected screen —
Details:
Screen name: bbp

— Affected level —
Details:
Level name: MpServer
All players: 0 total; []
Chunk stats: MultiplayerChunkCache: 0, 0
Level seed: 0
Level generator: ID 00 – default, ver 1. Features enabled: false
Level generator options:
Level spawn location: World: (8,64,8), Chunk: (at 8,4,8 in 0,0; contains blocks 0,0,0 to 15,255,15), Region: (0,0; contains chunks 0,0 to 31,31, blocks 0,0,0 to 511,255,511)
Level time: 0 game time, 0 day time
Level dimension: 0
Level storage version: 0x00000 – Unknown?
Level weather: Rain time: 0 (now: false), thunder time: 0 (now: false)
Level game mode: Game mode: survival (ID 0). Hardcore: false. Cheats: false
Forced entities: 0 total; []
Retry entities: 0 total; []
Server brand: ~~ERROR~~ NullPointerException: null
Server type: Non-integrated multiplayer server
Stacktrace:
at bkg.a(SourceFile:289)
at azl.b(SourceFile:1947)
at azl.f(SourceFile:720)
at net.minecraft.client.main.Main.main(SourceFile:148)

アッピー
アッピー
2020年8月18日 10:57

起動用batまでは作れたのですがきどうするとError: Unable to access jarfile server_1.16.2.jar
続行するには何かキーを押してください . . .
と出るのですがどうしたらいいでしょうか?
メモ帳にはコードをそのままコピーしメモリ割り当てを4096Mに変更したぐらいです。

まー
まー
2020年8月17日 22:05

すみません。以前、このページをみて.batファイルを使い、正常に起動でき、全員入れたんですけど、恐らくですが一度SSDの接続が切れた以来、.jarファイルでの正常に起動はできたものの、.batファイルで起動した場合、自分は入れるのに他の人が入れないという状態になってしまいました。因みに.batファイルを使って起動しているのはCドライブ内の1.16.1と、SSD内の1.7.10 forgeのサーバーです。どうすればいいのでしょうか。
.batファイル内のコードはコピペして名前を変えてるだけなので、間違ってはないはずです。返信よろしくお願いします。

匿名
匿名
2019年11月9日 20:36

起動用というファイルが二つでき最初のファイルを消すところまでは説明通りにできたのですがその後の初期起動で止まってしまいました。初期起動のやり方が分からないのでできれば解決方法を教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

サム
サム
2019年7月27日 12:44

Error: -jar requires jar file specification
使用方法: java [-options] class [args…]
(クラスを実行する場合)
または java [-options] -jar jarfile [args…]
(jarファイルを実行する場合)
optionsには次のものがあります。
-d32 使用可能な場合は32ビットのデータ・モデルを使用する
-d64 使用可能な場合は64ビットのデータ・モデルを使用する
-client “client” VMを選択する場合
-server “server” VMを選択する場合
デフォルトVMはclientです.

-cp
-classpath
クラス・ファイルを検索するディレクトリ、
JARアーカイブおよびZIPアーカイブの;で区切られたリストです。
-D=
システム・プロパティを設定する
-verbose:[class|gc|jni]
詳細な出力を行う
-version 製品バージョンを出力して終了する
-version:
警告: この機能は非推奨であり、詳細のリリースで
廃止されます。
指定したバージョンを実行に必須にする
-showversion 製品バージョンを出力して続行する
-jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search
警告: この機能は非推奨であり、詳細のリリースで
廃止されます。
ユーザーのプライベートJREをバージョン検索に含める/除外する
-? -help このヘルプ・メッセージを出力する
-X 非標準オプションに関するヘルプを出力する
-ea[:…|:]
-enableassertions[:…|:]
指定した粒度でアサーションを有効にする
-da[:…|:]
-disableassertions[:…|:]
指定した粒度でアサーションを無効にする
-esa | -enablesystemassertions
システム・アサーションを有効にする
-dsa | -disablesystemassertions
システム・アサーションを無効にする
-agentlib:[=]
ネイティブ・エージェント・ライブラリをロードする。例: -agentlib:hprof
-agentlib:jdwp=helpと-agentlib:hprof=helpも参照
-agentpath:[=]
フルパス名でネイティブ・エージェント・ライブラリをロードする
-javaagent:[=]
Javaプログラミング言語エージェントをロードする。java.lang.instrumentを参照
-splash:
指定したイメージでスプラッシュ画面を表示する
詳細はhttp://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.htmlを参照してください。
‘minecraft_server.1.14.4.jar’ は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
続行するには何かキーを押してください

batを起動したらこのような画面になりました。 
どうしたらよろしいですか?

33
0
クリックしてコメント欄に移動するx
()
x