MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【お知らせ】当サイトのデザインをリニューアルしました!詳しく

【プラグイン紹介】ViaVersion

このページはJava Edition(Java版)向けです。

揚げたてのポテト

どうもこんにちわ、揚げたてのポテトです。

揚げたてのポテト

サーバーのバージョンは1.12だけど、1.13以降でサーバーに入りたいなっていう時ありませんか?
今回はそういったことを可能にするプラグインを紹介します。

目次

ViaVersionとは

サーバーのバージョンが1.12.2でクライアントバージョン(プレイヤー)が1.13以降のバージョンでもサーバーに接続する事を可能にするプラグインです。

ViaVersionのダウンロード

Spigot Resource Forumにて公開されている海外の方が作成したプラグインです。

まずこちらのサイトに移動し、タイトルの横にあるDownload Nowをクリックするとダウンロードが開始されます。

特に前提プラグインは必要無いので、そのままpluginsフォルダに導入して下さい。

このプラグインと同じ製作者が作成した『ViaBackwards / ViaRewind
こちらはサーバーバージョンが1.13の時、クライアントバージョンが1.12以下でも接続出来るようにするプラグインです。

ViaVersionの設定

pluginsファルダに導入後、サーバーを起動するとフォルダ内にViaVersionというフォルダが作成されています。

その中のconfigファイルを開きます。

内容はこのようになっています。

GLOBAL OPTIONS

  • checkforupdates: true
    サーバーログイン時にViaVersionのアップデート情報を通知(true/false)
  • send-supported-versions: false
    サポートされているバージョンを応答パケットとともに送信(true/false)
  • block-protocols: []
    ブロックしたいバージョンをプロトコルバージョンで入力すると対象のバージョンでは参加できなくなります。複数指定したい場合は数字との間に空白を空けてください。
    プロトコルバージョンはこちらを参照 ※Version numberです。
  • block-disconnect-msg: You are using an unsupported Minecraft version!
    ブロックされているバージョンでログインした時に表示するメッセージ
  • reload-disconnect-msg: Server reload, please rejoin!
    ViaVersionをリロードした時に表示されるメッセージ

GLOBAL PACKET LIMITER

特にいじる必要は無いので解説は省きます。

MULTIPLE VERSIONS OPTIONS

上記と同様、基本的にはいじる必要がありませんがサーバーバージョンが1.12以下の時に1.13以降のクライアントバージョンで接続させる場合は以下の設定をして下さい。

  • serverside-blockconnections: false(trueに変更する)
    これをtrueにしないと1.13以降で接続しているプレイヤーはドアやガラス等の一部のブロックが正常に反映されないです。

ViaVersion Ver3.0.0以降、デフォルトでtrueになりました。

1.9+ CLIENTS ON 1.8 SERVERS OPTIONS

ここはサーバーバージョンが1.8の時に1.9以降のバージョンの行動を設定出来ます。
基本的にデフォルトのままで大丈夫なので、いじらないほうがいいです。

  • prevent-collision: true
    1.9以降からあるエンティティの押し合い判定です。
  • デフォルトで押し合いが無くなっています。(true/false)
  • auto-team: true
    上記がtureだった場合、自動的にチームを作成し参加させます。(true/false)
  • suppress-metadata-errors: false
    特定のメタデータを取得できない時にエラーを表示するか(true/false)
  • shield-blocking: true
    1.8の剣ガードを動作を1.9以降では盾を召喚します。
  • simulate-pt: true
    1.8の食べる、飲む、その他のポータル等の動作を修正します。
  • nms-player-ticking: true
    不明(分かり次第、追記します)
  • bossbar-patch: true
    ボスバーを機能出来るように修正します。
  • bossbar-anti-flicker: false
    1.9以降でボスバーが点滅する場合、trueにすると強制的に点滅を解除します。(非推奨)
  • use-new-effect-indicator: true
    マイクラ画面の右上にエフェクトを表示するか
  • use-new-deathmessages: true
    死亡メッセージを表示するか
  • item-cache: true
    恐らく、アイテムがドロップした時の消去の設定
  • anti-xray-patch: true
    サーバーバージョンが1.8の時、ハックの検知を1.9以降でも可能にするか
  • replace-pistons: false
    不明(分かり次第、追記します)。
  • replacement-piston-id: 0
    不明(分かり次第、追記します)。
  • force-json-transform: false
    不明(分かり次第、追記します)
  • minimize-cooldown: true
    不明(分かり次第、追記します)
  • left-handed-handling: true
    不明(分かり次第、追記します)

ViaVersionの設定は基本的にGLOBAL OPTIONSの項目だけをいじるだけで問題ないです。

ViaVersionのコマンド一覧

コマンド説 明
/viaver list サーバーに参加しているプレイヤーの接続バージョンを表示
/viaver autoteam押し合いのチームを切り替え
(問題が発生した場合は無効にする必要があります)
/viaver dontbugmeアップデート情報の通知を切り替え
/viaver pps参加しているプレイヤーの1秒あたりのパケット数を表示
/viaver debugデバックモードのオン/オフ
/viaver helpViaVersionのコマンドを表示

他のプラグイン紹介を見る

プラグイン紹介一覧に戻る

5 1 総投票数
\ この記事を評価 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
5 1 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
2 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
112
112
2021年3月31日 14:23

ViaVersionのダウンロードしたのですが、ファイルをクリックしても反応がありませんでした。解決法はありませんか?

目次
閉じる