MENU
揚げたてのポテト
初めまして、揚げたてのポテトといいます!
普段はYouTubeでマイクラ企画という様々な企画を配信しています。
良ければ参加よろしくお願いします!!
当サイトではマインクラフトに関連した記事を分かりやすくをモットーに書いていきます。
アーカイブ
【おすすめ記事】マイクラサーバーを立てるならConoHa VPS!【MOD/プラグイン対応】

【プラグイン紹介】統合版とJava版でクロスプレイが出来るプラグイン【GeyserMC】

当記事はJava Edition(Java版)向けです。

2022年3月27日よりJava版アカウント情報を入力しない導入方法のみを取り扱うようにしました。

揚げたてのポテト

どうもこんにちわ、揚げたてのポテトです。

ポテコちゃん

どうもー!助手のポテコちゃんです!

揚げたてのポテト

統合版(BE版)で遊んでいる皆さん、一度はJava版の人と一緒にクロスプレイをしてみたいと思ったことはありませんか?

揚げたてのポテト

さて、今回ご紹介するのはJava版のマイクラサーバーに統合版でもログインできるようにするプラグインを紹介したいと思います。

目次

クロスプレイとは

まず、クロスプレイについて簡単にご説明します。
クロスプレイとは、同じゲームの異なるデバイス(機種)で通信を行いマルチプレイをできるようにする技術のことです。

ちなみにクロスプレイの正式名称は「クロスプラットフォームプレイ」といいます。

マインクラフトでは、様々なデバイスで遊べますよね。
パソコンで遊ぶJava版とWindows10版、PS4、スイッチ、スマホなどのBedrock Edition版(統合版)などがあります。

しかし、マインクラフトのクロスプレイでは、統合版のデバイスのみが対応しており、Java版と統合版ではクロスプレイができないのです!

揚げたてのポテト

昔にMojangがいずれはこの2つでもクロスプレイをさせたいと言ってたような記憶があります(ソース見つけられなかったです)。
※記憶違いでしたらすみません。

そんな環境の中で、Java版のプラグインである「GeyserMC」を導入するとJava版と統合版でクロスプレイで遊ぶことができます!

GeyserMCを使おう!

上記のことからJava版と統合版ではクロスプレイができないと思っていましたが、このGeyserMCというプラグインを使うと疑似クロスプレイができるようになります。

なぜ疑似クロスプレイなのかは後ほど説明します。

どんな仕組みなの?

GeyserMCのサイトより引用

GeyserMCは、統合版の通信パケットをJava版の通信パケットに変換するミドルウェアになります。詳しい仕組みはわかりませんが、GeyserMCのおかげで統合版をJava版のサーバーに接続できるようになります。

ミドルウェアとはそれぞれの処理を行うアプリの中間に位置するソフトウェアのこと

対応エディション

GeyserMCに対応しているエディションは以下の通りです。

  • Java Edition版
  • Bedrock Edition版(Android、IOS等、Windows10、Switch、Xbox One、PS4、PS5)
  • PS Vita版

Switch、Xbox One、PS4版はログイン方法が他と異なります。(あとで説明)

なぜクロスプレイではなく疑似クロスプレイ?

GeyserMCプラグイン単体では、クロスプレイができると言っても、統合版のアカウントではログインできず、サーバーにログインする際にJava版のアカウント情報を入力する必要があるため、疑似クロスプレイと呼んでいます。

ポテコちゃん

結局はJava版のアカウントも必要ってことじゃん!?

揚げたてのポテト

まぁまぁ、落ち着いてw
それは、GeyserMCプラグイン単体で導入した時だけです。もう少し話の続きを聞いてみましょう!

しかし、GeyserMCとは別のもう1つのプラグインを導入すると、統合版アカウント(Xbox Liveアカウント)だけでログインする方法もあるので今回はそちらを紹介しようと思います。

ポテコちゃん

なるほど、そういうことね~。
そうならそうって早く言ってよ~笑笑

格安でマイクラサーバーを立てるなら「Agames.jp」がおすすめ!

【Java版】バニラ、MOD、Spigot、PaperMC、Mohist、BungeeCord対応

【統合版】バニラ、PMMP対応

低価格かつ高性能でマイクラサーバーは全て自動構築なので初心者でも簡単に立てられる!

ダウンロード

それでは、疑似クロスプレイが必要となるGeyserMCというプラグインをダウンロードしていきます。

また、今回は統合版のログイン時にJava版アカウント情報を入力しない導入方法にするため、それを管理するFloodgateというプラグインもダウンロードしていきたいと思います。

Java版アカウント情報を入力してログインさせたい場合は、Floodgateプラグインは不要です。

GeyserMCのダウンロード

こちらがGeyserMCのホームページになります。

右上にあるDownloadをクリックします。

Downloadをクリックすると、下記のページに移動します。

赤枠で囲われているのが、プラグインになります。

サーバーの種類によって対応したプラグインをダウンロードしてください。

名前対応サーバー
Geyser-BungeeCordBungeeCord・WaterFallサーバー対応
Geyser-SpigotSpigotPaperMCサーバー対応
Geyser-SpongeSpongeサーバー対応
Geyserスタンドアローン対応
Geyser-VelocityVelocityサーバー対応

Floodgateのダウンロード

これが先ほど説明したJava版アカウント情報不要で、統合版アカウントだけでログインするプラグインです。

赤線で引かれているのが、プラグインになります。
サーバーの種類によって対応したプラグインをダウンロードしてください。

名前対応サーバー
floodgate-bungeeBungeeCord・WaterFallサーバー対応
floodgate-spigotSpigotPaperMCサーバー対応
floodgate-velocityVelocityサーバー対応

このプラグインでは、CraftBukkitサーバーに対応していないので注意!
SpigotまたはPaperMC、BungeeCordを推奨します。

導入方法

最新バージョンのみで動作するので、最新バージョンのサーバーを用意してください。

サーバーの立て方 紹介記事

GeyserMCの導入方法

SpigotやPaperMCのみで導入したい場合は、「Geyser-Spigot.jar」をpluginsフォルダの中に入れてください。

BungeeCordやWaterfallなどのプロキシサーバーを併用して導入したい場合は、接続先のSpigotやPaperMCなどにはGeyserMCを導入せずに、「Geyser-BungeeCord.jar」をプロキシサーバーのpluginsフォルダの中に入れてください。

一度、サーバー起動すると、pluginsフォルダに「Geyser-Spigot」または「Geyser-BungeeCord」フォルダが生成されると思います。

その中のconfig.ymlを開き、49行目辺りの「auth-type=online」を「auth-type=floodgate」に変更します。

# Authentication type. Can be offline, online, or floodgate (see https://github.com/GeyserMC/Geyser/wiki/Floodgate).
# For plugin versions, it's recommended to keep the `address` field to "auto" so Floodgate support is automatically configured.
# If Floodgate is installed and `address:` is set to "auto", then "auth-type: floodgate" will automatically be used.
auth-type: floodgate

変更ができたら上書き保存をしてください。

これでGeyserMCの導入は完了です。

Floodgateの導入方法

Floodgateも同様に、

SpigotやPaperMCのみで導入したい場合は、「floodgate-spigot.jar」をpluginsフォルダの中に入れてください。

BungeeCordやWaterfallなどのプロキシサーバーを併用して導入したい場合は、接続先のSpigotやPaperMCなどにはGeyserMCを導入せずに、「floodgate-bungee.jar」をプロキシサーバーのpluginsフォルダの中に入れてください。

これでFloodgateの導入は完了です。

古いバージョンでログインしたい場合

古いバージョンでログインしたい場合は、当記事で紹介している「ViaBackwards」プラグインを使用すると古いバージョンからでもログインすることができます。

マイクラサーバーのポート開放

それでは、サーバーにJava版と統合版がログインできるようにポート開放をしましょう!

Java版と統合版ではログインするポートが異なるのでそれぞれ開放する必要があります。

プラットフォームデフォルトポート
Java Edition(Java版)25565(TCP)
Bedrock Edition(統合版)19132(UDP

マルチプレイで接続してみよう!

Java版のログイン方法はいつもと変わらないので、サーバーアドレスを入力してサーバーにログインします。

以下は、統合版でのログイン方法になります。

Android、iOS、Windows10版とSwitch、Xbox、PS4・PS5版でログイン方法が異なるので注意!

揚げたてのポテト

こちらはログイン後のプレイ画面で左の画像は統合版で右の画像はJava版です。

揚げたてのポテト

左上に統合版ならではの「プレイヤー表示」が出ていますね。

配信概要欄等にログイン方法だけ記載したい場合

配信者さんからの要望により、

GeyserMCの統合版ログイン方法だけをまとめたページを作りました。ご自由にお使いください。

正常に接続できない方は、Wikiに対処方法を紹介しているページがあるのでご参考ください。

海外のページなので、Chromeの日本語翻訳をオススメします。

Java版アカウントを入力しない場合は、統合版スキンが反映されない仕様?があります。スキンを反映したい方は、以下のプラグインを併用すると反映できます。

GeyserMCで統合版スキンを反映させるプラグイン 紹介記事はこちら!

これでJava版と統合版のクロスプレイで遊ぶことができますね!

揚げたてのポテト

個人的に遊んでみた結果、変な動作も感じず普通に遊ぶことができました。
一部のコマンドによる影響は見られましたがサバイバルで遊ぶ分には問題無さそうです!

揚げたてのポテト

サーバーにログインすると、マイクラIDの先頭に*が付いていると思いますがこれは仕様です。この文字を変えることも可能なので詳しくは下記の設定ファイルより参照ください。

クロスプレイの注意

互換性があるわけではありません、クロスプレイ中の不具合等は自己責任となりますのでご注意ください。

コマンドとパーミッションについて

コマンド許可説明
/geyser dumpgeyser.command.dumpバグ報告でGeyserMCのデバッグ情報を出力
/geyser help
/geyser ?
geyser.command.helpコマンド一覧を表示
/geyser listgeyser.command.listGeyserMCのプレイヤー一覧を表示
/geyser offhandgeyser.command.offhandアイテムをオフハンドに置く
/geyser reloadgeyser.command.reloadGeyserMCの再読み込み
※全てのプレイヤーがキックされる。
/geyser shutdown
/geyser stop
geyser.command.shutdownGeyserMCをシャットダウンする
/geyser versiongeyser.command.versionGeyserMCのバージョンを表示

設定(config)ファイルについて

サーバーを起動するとGeyserMCとFloodgateのプラグインフォルダが生成されます。

その中に設定ファイル(config.yml)があり、様々な設定をすることができます。

以下はデフォルトの設定ファイルを日本語に翻訳した設定ファイルになります。

設定を変えない方がいい項目には★を付けています。

GeyserMCとFloodgateのWikiについて

GeyserMCやFloodgateをもっと詳しく知りたい方は、公式Wikiがありますので、下記よりご覧ください。

よくある質問

当記事を公開してから1年半が経ちました。(2022年3月27日時点)

有難いことに10万人を超える方々に読んでいただき、参考にしてもらっているようです。

また、1年半の間に沢山の質問をいただき回答を行ってきました。最近だと同じ質問が多いので、よくある質問という形で対処法などをまとめましたのでご覧ください!

最後に

これは画期的なプラグインですね!!
一生できないと思われていたJava版と統合版のクロスプレイがついにできるようになりましたね。

無理矢理対応しているにしても、実際はあまり不具合もなくJava版と変わらないクオリティで遊ぶことができます。

ちょっと興味ある方は是非、お試しください。

揚げたてのポテト

最後まで見ていただきありがとうございました。

4.6 57 総投票数
\ この記事を評価 /

ブログランキングに参戦中です!
1日1回応援よろしくお願いします!

「応援する」とカウントされ、ブログランキング上位の道に繋がります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
4.6 57 総投票数
\ この記事を評価 /
guest
134 件のコメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを表示
LP-Gus

Java1.16.5SpigotをBungeeCord経由で入れようと思っているのですがうまくいきません…

状況
・BungeeCordにGeyser-bungee+floodgateを入れている
・Geyser,floodgateの設定は特に弄っていない(geyserのauth-typeをfloodgateにしたことのみ)
・portはTCP25565,UDP19132開放
・起動時spigot,bungee共に目立ったerrorなし
・SoftBank光 Ipv6プラス使用中
・自宅でJavaなら接続可能だが、統合版(Switch)では接続できない
・Switchで他のJavaGeyserサーバーには接続できる
・Via3種(version,backwards,rewind)導入中
・bungeeはonline-mode=true
・Switchには「世界に接続できませんでした」とのみ表示され、bungee,spigotのログには何も出力されない

という感じです。お手数ですが、アドバイスお願いいたします。

50代おじさん

お尋ねいたします。

ConoHaに1.18.1+PaperMC+Geyser-spigot+Floodgateにてサーバーを作り自宅から2台のパソコンでログインして遊んでみました。

Java版からは問題なく遊べたのですがBE版(Windows10 & PE)からログインすると歩き回れるのですがドアの開け閉めができなかったり木を切るや土を掘るなどができませんでした。

iPhoneを自宅Wi-Fiや4G回線で接続しても同じ現象がおき同じく有線LANで接続したパソコンのBE版からログインしても同じ現象です。

Java版の2アカウントとBE版のアカウントそれぞれOP権限は設定4にしております。

うまくできずにMODサーバーに変更してみたのですがやはりJavaの人とBEの人が一緒に遊べる環境に憧れており再チャレンジしようかと悩んでおります。

何かアドバイスいただけたら幸いです。

しあわせうさぎ

質問失礼します。
1.18.1でサーバーを建てましてGeyser-spigotとFloodgateを導入しました。
ルーターとファイヤーウォールのポートでTCP25565とUDP19132を開放しているのですがBE版からの参加が出来ません。
ゲームサーバー公開ツールを挟んでみるとBE版からの参加が出来るので、原因はポート開放部分になるのでしょうか?
宜しければご意見をお聞きしたいです。

あたかも

質問です。
https://mcsrvstat.usで自分の開いたサーバーを見てみると、
Java版は接続できて
DebugInfoを見た限りPingもYesと書かれていて、
統合版の方も接続はできている様ですが
DebugInfoを見るとPingがNoと書かれていました。
これは仕様なのでしょうか?
仕様でない場合、改善点を教えてください。
お力添えお願い致します。

目次
トップ
目次
閉じる